10月21日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(九州・沖縄)によると、宗像市、道の駅むなかたとNTTドコモ九州支社は、EDGEMATRIX社が提供する映像エッジAIプラットフォーム「EDGEMATRIX(エッジマトリクス)」を活用して、2021年10月下旬から約1ヶ月間、道の駅むなかたに来場する車両管理の実証を行うことをお知らせしている。

「EDGEMATRIX」は、現場(エッジ)でカメラ映像などをAI処理する「エッジAI」を簡単に導入、運用できる映像エッジAIプラットフォームで、屋内外に設置する多数のエッジAIデバイス「Edge AI Box」やカメラの、稼働状況の監視や設置場所の管理のほか、遠隔操作を行うことができる。

道の駅むなかた

道の駅むなかたは福岡市、北九州市、飯塚市の中間地点に位置し、世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群もあり福岡県内においても集客力が高い場所でもあり、国内観光拠点の重要な施設。

宗像市では従来、来訪者に対し紙ベースでのアンケート収集による来訪者の属性把握を行い、施策検討を実施していたが、季節による変動や日々の動向についての把握が難しい状態だった。

本実証では、庁内のDX推進の取組みを加速させていく中、来訪車両のナンバープレート画像より地域名データを抽出・蓄積、分析することで、ビックデータの収集による取組検討の有効性を判断する実証とする。

■各者の役割
宗像市:実証で取得したデータの分析・各種施策への反映
道の駅むなかた:実証場所の提供
NTTドコモ:車両ナンバー画像の撮影に関する機器の設置、解析システム「EDGEMATRIX」にて取得したデータの提供


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kyushu/page/211021_00.html