ドコモ光ミニ、2024年4月1日からサービス終了の2025年3月31日まで従量課金を停止

本日付けNTTドコモ公式サイトのドコモからのお知らせによると、2段階定額料金の光ブロードバンドサービス「ドコモ光ミニ」が、2025年3月31日(月曜)にサービス終了するにあたり、本サービス専用の関連設備の維持限界が見込まれることから、2024年4月1日(月曜)から2025年3月31日(月曜)の期間において、インターネットを利用していた場合であっても従量部分の通信料は請求しないことをお知らせしている。
基本料金のみ(インターネットを利用の場合は、別途プロバイダ契約および利用料金が必要)請求となる。

「ドコモ光ミニ」の従量課金の停止


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/notice/page/240229_01.html

無印良品、急速充電器5種類とやわらかくて絡まりにくいUSBケーブル8種類を2月29日に発売

2月26日付けの無印良品公式サイトのニュースリリースによると、良品計画は、スマホやPCの充電に便利な「急速充電器」3種類と、モバイルバッテリーとしてもアダプタとしても使用できる「急速充電ができるモバイルバッテリー付充電器」を2種類、ケーブルにやわらかいシリコーンを使用した「やわらかくて絡まりにくいUSBケーブル」8種類を2023年2月29日(木曜)より全国の無印良品とネットストアで発売することを発表している。

無印良品 急速充電器

「急速充電器」は、USB PD規格(対応するUSB-Type-Cケーブルとポートを経由して行える電力供給規格)に対応しているため、さまざまなスマートフォンの急速充電に利用できる。
特にUSB-Aを1ポート、USB-Cを2ポート備える商品は、65Wと大きな電力供給で複数機器や短時間で高速充電が可能。

「急速充電ができるモバイルバッテリー付充電器」は、直接コンセントから充電できるコンセント一体型のモバイルバッテリーになる。
USBコネクタにCタイプとAタイプの両方を備え、5000mAhはスマホ約1~1回半分の充電、10000mAhはスマホ約2~3回分の充電ができる。
自宅では急速充電器として使いながら、外出時には電源から取り外してモバイルバッテリーとして持ち出せる。

いずれの充電器もコンセントに挿入する電源プラグが折りたためる仕様で、パックやポーチの中で収納しやすく、他の物を傷つけにくいのが特徴。

無印良品 やわらかくて絡まりにくいUSBケーブル

また、「やわらかくて絡まりにくいUSBケーブル」は、ケーブルをやわらかいシリコーンでコーティングし、絡まりにくく断線しにくい仕様にした。
高速データ転送が可能で、各種コネクタに対応できる。
デスクまわりやデバイスに馴染むよう、白とグレーの2色展開となっている。

■商品ラインナップ
無印良品 急速充電器とUSBケーブルのラインナップ


参照URL https://www.ryohin-keikaku.jp/news/2024_0226_01.html

スターバックスコーヒー虎ノ門ヒルズステーションタワー店

スターバックスコーヒー虎ノ門ヒルズステーションタワー店

画像はドリップコーヒー(スターバックストリビュートブレンド)のショートサイズとチョコレートチャンクスコーン。

スターバックスコーヒー虎ノ門ヒルズステーションタワー店は、東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅直結の虎ノ門ヒルズステーションタワー7階にある。

2023年10月6日にオープンしたお店なのでまだ新しくとてもきれいだ。
7階なので窓からの眺めが良い。

店内はカウンター席や集合席、テーブル席、ソファー席と52席分用意されている。
かなり横長テーブルの集合席には電源が備え付けられていた。

客層はオフィスワーカーが多い印象だった。

無線LANサービスはat_STARBUCKS_Wi2、d Wi-Fi、Wi2 300に対応している。

営業時間は平日7:00~21:00、土曜・日曜・祝日8:00~20:00となっている。

大倉集古館(虎ノ門)で企画展「大倉集古館の春 ~新春を寿ぎ、春を待つ~」

大倉集古館

大倉集古館は、港区虎ノ門2丁目のオークラ東京の前にある。
私は東京メトロ南北線六本木一丁目駅中央改札より向かい、徒歩5分程で着いた。
展示は1階と2階で、地下1階がミュージアムショップになっている。

企画展「大倉集古館の春 ~新春を寿ぎ、春を待つ~」が2024年1月23日(火曜)~3月24日(日曜)まで開催されている。

吉祥や花鳥風月などをテーマとした作品が展示されていた。
宗達派の名品「扇面流図屏風」は、扇のめでたさ、繁栄があらわれていて良かった。
今年の干支である辰にちなんだ龍をテーマにした作品もあった。
そして何と言っても横山大観筆「夜桜」が、幻想的で美しかった。
あまりに美しかったのでミュージアムショップで絵葉書を買ったくらいだ。

ドコモとNEC、オープンRANの海外展開本格化に向けて「OREX Packages」を提供する合弁会社「株式会社 OREX SAI」を設立

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモと日本電気(NEC)は、オープンRANの海外展開の本格化に向け、「OREX Packages」を提供する合弁会社「株式会社 OREX SAI」(本社所在地:川崎市川崎区)を2024年4月1日(予定)に設立することを発表している。

資本金など(資本準備金含む)は160億円で、株主構成はドコモ66%、NEC 34%。

OREX SAI

両社はこれまで、OREX PARTNERSと共に、オープンRANの実現に向けて取り組んできたが、本格的な海外展開のフェーズを迎え、現地での製品やサービスの提供体制を整えることが課題だった。
ドコモが培ってきたオープンRANのノウハウと、NECが保有する海外のフットプリントやグローバルにおけるSIケイパビリティを活用することで、迅速に海外の事業基盤を整備できるため、今回オープンRAN事業に特化した合弁会社の設立に至ったという。

OREX SAIは、OREX PARTNERSのあらゆる製品やサービスなどを現地で調達、システムの動作検証をした上で、海外通信事業者の要望に応じたモバイルネットワークを提供する。

また、NECがこれまで展開してきた50か国・地域以上での事業基盤やグローバルでのケイパビリティを活用し、より迅速なグローバルビジネスの展開が可能となる。

ドコモとNECは、OREX SAIを通じてOREX PARTNERSと更なる連携を図り、商用化を推進することで、あらゆるベンダーの機器やシステムと相互接続を可能とする“真のオープンRAN”の実現に貢献していくとしている。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/02/26_00.html
記事検索
AD





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー

当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)、iPhone 11 64GB(ホワイト)、iPhone 12 128GB(ホワイト)、arrows Be4 Plus F-41B(ブラック)、AQUOS wish2 SH-51C(ブルー)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab Compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ