本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(関東・甲信越)によると、ドコモでは交通量調査の省力化に向けた実証実験として、AIを用いた車両の交通量計測を川崎市宮前区土橋の土橋歩道橋付近で2021年3月19日(金曜)から3月26日(金曜)まで実施することをお知らせしている。

本実証実験では、「EDGEMATRIXサービス」の「車両通過数のカウントアプリ」を利用することにより、映像データを保存せずリアルタイムにエッジAIが車両の通過のみを検出し、カウントする。

ドコモでは引き続き安全と安心を両立しながら、デジタルトランスフォーメーションを推進していくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kanto/pages/210319_1_d.html