本日付けのソニー公式サイトのニュースリリースによると、ソニーグループとVodafone Germanyは、「VISION-S Prototype」の5G走行試験をドイツのアルデンホーフェンにあるテストコースで2021年4月より開始したことを発表している。

VISION-S Prototype

「VISION-S Prototype」は、ソニー初となる電気自動車のコンセプトモデルになる。

通信技術の進化により次世代移動通信システム5Gの普及に向けた動きが活発化する中、モビリティ領域においても、5Gの低遅延、大容量、高速の特長を活かした安全性や利便性向上等の技術革新が期待されている。

実環境で5Gのパフォーマンスを最大限に発揮するためには、アンテナ形状やレイアウトの最適化、また基地局間をまたぐ走行においてもシームレスに接続を維持するためのTCU(テレマティクス・コントロールユニット:ワイヤレスの追跡、診断、自動車との双方向通信の各機能を制御する組込みオンボード・システム)におけるモデム制御の最適化が必要となる。

通信システムのハードウェア・ソフトウェア設計ノウハウや通信品質評価指標の策定、フィールドテストにおける伝搬特性解析等は、ソニーが長年スマートフォンの開発を通じて培ってきた技術であり、これらをモビリティ開発に展開していく。

VISION-S Prototypeには5Gネットワークへの接続機能が搭載されており、車載システムとクラウドが常に繋がり、データや制御信号の同期、またOTA(Over The Air:無線通信を経由してデータの送受信を行うこと)でのシステムのアップデートが可能。

走行試験では、車両から取得する各種センサーデータのクラウドへの低遅延伝送や、クラウドから車両に対するリアルタイム制御の可能性を検証するために、高速走行中の車両でも通信環境を最適化するための検証と開発を進めていく。


参照URL https://www.sony.com/ja/SonyInfo/News/Press/202104/21-033/