7月15日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、常設の5G技術検証施設であるドコモ5GオープンラボYotsuyaにおいて、次世代MEC試験環境「Beyond-MEC」を2021年7月15日(木曜)から提供することを発表している。

利用対象者は、5GやMECを活用し、5G時代の新ソリューションの開発をめざす企業・団体で、5Gオープンパートナープログラムに加入する必要がある。

Beyond-MECは、スタンドアローン方式の5Gでの利用を想定したネットワーク特化型クラウド。
通信ネットワーク上のユーザーに近い位置にサーバーなどを配備するMEC(Multi-access Edge Computing)の特徴を備え、クラウド上でのネットワークスループットは80Gbps、伝送遅延は10ミリ秒の性能を実現している。

高精細な4K映像の伝送やXRを活用したバーチャル空間でのコミュニケーションなど、5G時代の新たなソリューションを創出するためには、5Gなどの通信ネットワークだけでなく、データ処理を行うクラウドの性能の向上が求められる。
本ラボでBeyond-MECを提供することで、5Gソリューションの開発パートナーは、通信ネットワークからクラウドまで一貫した検証を行うことが可能となる。

今回の提供開始に先立ち、ドコモはソニーグループとともに2020年12月~2021年5月までの期間でBeyond-MECを用いた共同検証を実施した。
5GとMECを組み合わせた実証実験では、MECに映像配信サーバーを配置し、商用の5G端末に低遅延映像を配信することに成功した。

ドコモは今後もBeyond-MECの活用を通じて、多様な開発パートナーとともに新たな5Gソリューションの創出に取り組んでいくという。

■システム構成
Beyond-MEC


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/07/15_01.html