5月13日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(四国)によると、松山市とNTTドコモは、2018年9月28日(金曜)に締結した「松山市とNTTドコモとの5G・IoT・AIの活用による地方創生に関する連携協定」に基づき、インバウンドによる観光振興の推進を目的とした観光スポットでの詳細行動分析の実証実験を、2019年5月15日(水曜)から2019年7月31日(水曜)まで実施する。

本実証実験は、ドコモの「ロケーションネット」を利用し、道後温泉旅館協同組合や道後の宿泊施設(茶玻瑠・道後プリンスホテル)の協力のもと、台湾からの観光客にBLEタグを貸し出し、松山市道後地区25か所に設置したBLE受信機により、施設訪問回数・施設滞在時間・施設回遊状況を分析する。

今回の取り組みを通じて、松山市では外国人の観光周遊の行動を分析把握することで、2020年までに訪日外国人に向けたきめ細やかなおもてなしを実現するための環境整備に役立てる。
またドコモでは、「ロケーションネット」の新たな活用方法の創出とサービス性の向上をめざす。

■「ロケーションネットによる外国人観光客行動分析」実証実験イメージ



参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/shikoku/page/190513_00.html