東京国立博物館はJR上野駅公園口より徒歩10分のところにある。
本館が右手で、左手に特別展を開催する平成館がある。

平成館では2017年4月11日~2017年6月4日まで特別展「茶の湯」が開催されており、観賞してきた。
5つの章で構成されている。

第1章 足利将軍家の茶湯ー唐物荘厳と唐物数寄
第2章 佗茶の誕生ー心にかなうもの
第3章 佗茶の大成ー千利休とその時代
第4章 古典復興ー小堀遠州と松平不昧
第5章 新たな創造ー近代数寄者の目

茶室「燕庵」も再現展示されていた。

仁清の作品「色絵若松図茶壺」は黒い釉と肩の衝いた形が目を引き、とにかく美しかった。