本日付けのApple公式サイトのプレスリリースによると、Appleは、ローカルビジネスが、対面での非接触決済にiPhoneだけで対応できる「iPhoneのタッチ決済」の提供を日本で2024年5月16日(木曜)から開始したことを発表している。

iPhoneのタッチ決済

これからは中小規模の事業者から大型小売店まで、手持ちのiPhoneを使って、シームレスかつ安全に、非接触決済のクレジットカードやデビットカード(一部の非接触決済のカードを利用できない場合がある)、Apple Pay、その他のデジタルウォレットに対応できるようになる。
使用するのはiPhoneとパートナーの対応iOSアプリだけで、その他のハードウェアや決済端末は必要ない。

事業者は、対応するiOSアプリでiPhoneのタッチ決済を使い始めることができ(iPhoneのタッチ決済を使用するには、iPhone Xs以降のデバイスとiOSの最新バージョンが必要)、会計時に顧客の非接触決済のクレジットカードやデビットカード、iPhone、Apple Watch、その他のデジタルウォレットを事業者のiPhoneにかざしてもらうだけでNFCテクノロジーを利用して安全に支払いが完了する(取引制限が適用される場合がある)。
iPhoneのタッチ決済は決済のプラットフォームやデベロッパのiOSアプリに統合できるため、事業者はこの安全で便利な機能を簡単に導入することができる。

2024年5月16日(木曜)より、GMOフィナンシャルゲートのstera tapアプリ、リクルートのAirペイタッチアプリ、そしてSquareのSquare POSレジアプリが日本の決済プラットフォームとして初めて、事業者にiPhoneのタッチ決済を提供する。
加えて、Adyenが今後数か月のうちに対応するほか、日本のApple Storeでも利用可能となる。

iPhoneのタッチ決済は、アメリカンエキスプレス、JCB、Mastercard、Visaを含む大手決済ネットワーク(電子マネーは現時点で非対応)の非接触決済のクレジットカードとデビットカードに対応している。


参照URL https://www.apple.com/jp/newsroom/2024/05/apple-introduces-tap-to-pay-on-iphone-in-japan/