5月16日付けのKDDI公式サイトのニュースリリースによると、KDDIは、Googleが提供する「Google メッセージ」アプリをAndroid端末の標準アプリとして今後、追加で採用することを発表している。
Google メッセージ
「Google メッセージ」の各種最新技術と、電話番号ベースのメッセージサービスの提供を通じてKDDIが培ってきたアセットやノウハウを組み合わせ、グローバル標準のRCS普及・拡大と、以下のような顧客体験の向上を目指す。

・Google サービスとのスムーズな連携によるユーザーエクスペリエンス向上
・Google サービスの高度なセキュリティーとプライバシー保護などによる機能強化
・端末上のGoogle AI技術を使い、お気に入りの写真をリアクションに変換(フォト文字)など便利な機能の提供
・Android プラットフォームでGoogle メッセージ(RCS:Rich Communication Services)が有効な約10億人(月間アクティブユーザー)とのシームレスなグローバルコミュニケーション

Android端末への「Google メッセージ」アプリの採用時期については、改めて告知する。


参照URL https://newsroom.kddi.com/news/detail/kddi_nr_s-5_3368.html