MMD研究所は12月26日、「2014年スマートフォンゲームの利用実態調査」の結果を公表している。
これは2014年12月11日~12月13日にかけてスマートフォンを所有している20歳以上の男女562人を対象に実施したもの。

各調査項目のベスト3を挙げると、以下のような結果となっている。

■テレビCMでみたことがあるスマートフォンゲームアプリ(複数回答)
1位「パズル&ドラゴンズ」52.7%
2位「モンスターストライク」34.5%
3位「白猫プロジェクト」30.2%

■遊んだことがあるスマートフォンゲームのジャンル(複数回答)
1位「パズル」37.0%
2位「シミュレーション」19.8%
3位「育成・箱庭」16.2%

■2014年ハマったゲームアプリ(最大3つまで選択可能)
※スマートフォンゲーム利用経験者を対象
1位「パズル&ドラゴンズ」25.4%
2位「ディズニー ツムツム」12.5%
3位「ぷよぷよ!!クエスト」11.5%

■スマートフォンゲームアプリをダウンロードしたきっかけ(複数回答)
※スマートフォンゲーム利用経験者を対象
1位「スマートフォン広告を見てダウンロードした」35.9%
2位「テレビCMを見てダウンロードした」22.4%
3位「同僚や友人に勧められて自分でダウンロードした」15.3%

■事前予約サイトの利用について
※スマートフォンゲーム利用経験者を対象
1位「知らない」64.7%
2位「知っていて利用している」17.6%
2位「知っているが利用していない」17.6%

■スマートフォンゲームの1週間の平均起動時間
※スマートフォンゲーム利用経験者を対象
1位「毎日」46.1%
2位「週1日未満」26.1%
3位「週5~6日」12.5%

■同時に遊んでいるスマートフォンゲームのタイトル数
1位「1~2本」39.7%
2位「3~4本」33.2%
3位「0本」16.6%

調査結果を見てみると、やはりダウンロードしてもらうにはスマートフォン広告が有効なのと、スマートフォンゲームでは事前登録でアイテムをもらえる特典が定番化しているが、事前予約サイトの認知度が低いのは意外だった。


参照URL https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1384.html