本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、読売新聞東京本社、読売巨人軍とNTTドコモは、ファンエンゲージメントの強化や安心・安全かつ快適な観戦環境の確立などを目的に、5Gなどドコモが有する最先端の技術を活用してデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するため、2021年シーズンから2023年シーズンの3シーズンにおいてオフィシャルDX推進パートナー契約を締結したことを発表している。

これによりドコモは、新設される「OFFICIAL DX PARTNER」となった。

読売新聞社、読売巨人軍とドコモがオフィシャルDX推進パートナー契約

今シーズンは、ドコモのサービスなどの体験、試合の観戦体験向上を目的としたコンテンツの制作やジャイアンツオンラインストアへの「d払い」導入をめざすなど、テクノロジーを活用することで、ファンに喜んでもらえるサービスの開発、提供に尽力していくという。

読売新聞社、読売巨人軍とドコモは、本パートナーシップを通じて、球団におけるDXを加速しプロスポーツのさらなる発展に貢献していくとの考えだ。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/03/18_01.html