12月18日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、3G契約から4G・5G契約へ移行されるユーザーを対象に、月額1,650円(割引適用前)で4G・5G契約できる新たな料金プラン、「はじめてスマホプラン」を、2021年4月1日(木曜)から提供開始することを発表している。

はじめてスマホプラン

本プランは、3G契約をしているユーザーの契約変更、または他社3G契約からの乗り換えの際に申込め、「dカードお支払割」および「はじめてスマホ割」の適用で1年目月額980円、2年目以降もずっと月額1,480円でおトクに利用できる。

月間のデータ量は1GBまで利用可能(指定容量を超えた場合は、128kbpsのデータ通信速度)。
1GBを超えて利用する場合、1GBあたり1,000円で利用可能データ量を追加できる。

音声通話は5分間までの国内通話が何度でも無料(5分を経過した場合は、30秒ごとに20円の通話料)で利用できる。
また、通話を多くするユーザーには、月額1,000円で国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションが用意される。
※ 「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外。

なお、本プランの提供開始にともない、「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」で提供している「はじめてスマホ割」、「ずっとはじめてスマホ割」、「おしゃべり割」は、2021年3月31日(水曜)をもって新規受付を終了する。

また、2020年12月19日(土曜)から本プラン提供開始前日の2021年3月31日(水曜)までの期間、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンへ移行したユーザーを対象に、本プラン相当のおトクな料金でスマートフォンを利用できるよう、「はじめてスマホ割」「おしゃべり割」の割引適用期間延長などを行う「先行キャンペーン」を実施する。

※ 表示価格は税抜。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/12/18_01.html