本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(北陸)によると、キタムラ機械とNTTドコモ北陸支社は、5Gを用いて遠隔から工作機械の自動運転を実現する「Auto-Part-Producer 5G」の共同開発を、2021年3月23日(火曜)に開始したことをお知らせしている。

今後、共同での技術検証等を経て、2023年4月の商用化をめざす。

「Auto-Part-Producer 5G」は、5G通信に対応した次世代工作機械の制御機能。
穴あけ・削り・ねじ立て等様々な加工を一台で行えるマシニングセンタと呼ばれる工作機械に、5Gを用いて製造する部品の加工プログラムを伝送することで、遠隔から全自動での部品製造を実現する。

「Auto-Part-Producer 5G」では、データ処理をクラウド上で行いながら、そのデータを5Gでリアルタイムに工作機械に伝送する。
そのため、遠隔からの操作や、複数の工作機械の制御を一人で行えるようになり、工場内の人手不足の解消につながる。

また、工作機械自体に高性能なデータ処理機能を搭載する必要が無いため、従来よりも3割程度安価に同機能が導入可能となる見込み。

本共同開発にあたり、ドコモはキタムラ機械の高岡本社工場を5Gエリア化し、2021年3月23日(火曜)に共同開発拠点「KITAMURA Innovation Factory」(KIF)として開設した。

今後KIFにて2022年8月にかけて5Gを用いたクラウド処理とリアルタイム加工の技術検証を行い、2023年4月に「Auto-Part-Producer 5G」を搭載した次世代工作機械をキタムラ機械より提供する予定。

キタムラ機械とドコモは本共同開発を通じて、経験や知識を必要とせず、誰もが簡単に高精度・複雑な部品加工を行える、次世代の製造現場の実現をめざしていくという。

■「Auto-Part-Producer 5G」の構成イメージ
Auto-Part-Producer 5Gの構成イメージ


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/hokuriku/page/210323_00.html