本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモとNTTドコモ・ベンチャーズ(NDV)は、社会課題に対する5Gを活用した新たなソリューションの創出を目的に「docomo 5G DX AWARDS 2021」を2021年9月中旬に渋谷ストリームホールにて開催することを発表している。

なお、2021年度中のソリューション創出をめざし、2021年3月24日(水曜)からエントリーを開始する。

ドコモは、2018年2月に開始した「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」のパートナー数が3,800社を超え、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」での協創を通じ300を超える事例を創出した。
5Gの商用化にともない、2021年度末までにパートナー数を5,000社まで広げ、さらなる5Gサービスの拡大をめざしパートナーとの連携を強化していく。

昨年も実施した本アワードは、大企業だけでなく中小企業やベンチャー企業まで、幅広い企業が保有する特徴的な技術、プロダクト、サービス(アセット)の発掘を推進し、5Gでの新たなソリューション創出に向けた取り組みをさらに加速させるものになる。

本アワードでは、昨年の募集テーマから大幅に拡張し、12業界×3つの社会課題(イシュー)の全36テーマを設け、各企業が保有する特徴的なアセットを募集し、5Gサービスの活用意義を審査、表彰する。
入賞したアセットについては、協創ソリューションとして「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」を通じた早期のサービス化をめざす。

docomo 5G DX AWARDS 2021

本アワードは、1次選考と最終選考の2ステップとなっており、最終選考・ファイナリストプレゼンテーションには、選考委員として、ドコモとNDVの関係者に加え、社外有識者としてHEART CATCH 代表取締役/プロデューサー 西村真里子氏、エムテド 代表取締役/アートディレクター/デザイナー 田子學氏が参加予定。

■選考基準
1. 革新性・新規性
2. 実現性
3. 5Gとの親和性
4. 活用性
5. 市場性

■賞金
最優秀賞:賞金100万円
優秀賞 :賞金30万円
準優秀賞:賞金10万円×2件

ドコモとNDVは、本アワードの取り組みを通して、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」をさらに活性化させ、5Gとシナジーの高いアセットを活用した新たな協創ソリューション創出をめざしていくという。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/03/24_00.html