本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、携帯電話番号であんしん・安全にメッセージを送受信できるメッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」の対応機種について、2021年9月6日(月曜)から順次、ドコモ ケータイ2機種を追加することを発表している。

+メッセージ対応機種

■対応機種(ドコモ ケータイ)
arrows ケータイ F-03L:2021年9月6日(月曜)以降順次
AQUOS ケータイ SH-02L:2021年9月7日(火曜)以降順次

これまで、「+メッセージ」はスマートフォンとタブレットのみ対応していたため、家族や友人などにフィーチャーフォン(ドコモ ケータイ)ユーザーがいる場合、写真やスタンプの送受信やグループチャットを利用できなかった。

今回「+メッセージ」がドコモ ケータイに対応することで、より多くのユーザーが「+メッセージ」よるコミュニケーションを楽しめる(公式アカウントなど、一部の機能は非対応)。

「+メッセージ」は、ユーザーがメッセージを送受信する相手先の携帯電話事業者を意識することなく快適に利用できるよう、携帯電話番号だけでメッセージのやりとりができるコミュニケーションを豊かにするサービスとして、2018年5月に提供を開始した。
2021年5月にはサービス開始3周年を迎え、登録者数は2021年7月に2,500万人を突破した。