9月2日付けのNECネッツエスアイ公式サイトのニュースリリースによると、NECネッツエスアイは、コミュニケーションアプリLINEを利用し、注文から決済まで完結できる「モバイルオーダーサービス」の提供を2021年9月2日(木曜)より開始したことを発表している。

モバイルオーダーサービスは、専用のアプリケーションではなくインターフェースに国内の利用者数が多いLINEを採用し、チャットボットとのやり取りによるスムーズな操作で注文から決済までをスマートフォン上で完結することができるサービスになる。

事前に注文・決済まで行うことで、オーダーや会計などでの接触を避け、店舗で待つことなく商品の受け取りが可能。
また、多言語にも対応しており、日本で暮らす外国人や訪日外国人でも簡単に利用することができる。

■利用イメージ
モバイルオーダーサービス利用イメージ

本サービスは、京セラドーム大阪(大阪市西区)にて2021年6月よりオリックス・バファローズ主催試合開催日の一部店舗で提供を開始している。
野球観戦時の攻守切り替えで発生する、飲食店での混雑や待ち時間を削減し、3密の回避と快適な観戦環境を実現することで顧客満足度の向上に寄与する。

将来的には、注文データの収集・蓄積・AI分析を行えるプラットフォームを構築し、マーケティング活用の支援ツールとしてのサービスも展開する予定。

今後スタジアムだけではなく、フードコート、飲食店、ホテルやショッピングモール等への展開で、街全体のデジタル化と利便性の向上に貢献し、そこで得られる利用傾向や販売などのデータを収集/蓄積/分析することで店舗運営の効率化や住民サービスの改善に寄与していくという。


参照URL https://www.nesic.co.jp/news/2021/20210902.html