本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(東北)によると、NTTドコモ東北支社は、横手市増田地域の「増田のまちなみ(中七日町通り)」一帯における無料公衆無線LAN環境の構築を受託した。
今回の無料公衆無線LAN環境の構築は、横手市が観光客の受け入れ環境整備の一環として実施を進めているもので、2022年3月25日(金曜)よりサービス提供が開始される。

公衆無線LANサービスの構築にあたっては、ドコモモバイル回線をWAN回線として活用し、「PicoCELAマルチホップWi-Fi」を採用することで、重要伝統的建造物群への設置に適した、最先端技術マルチホップ通信によるケーブルレスなサービス提供を実現している。

■PicoCELAマルチホップWi-Fi
PicoCELAマルチホップWi-Fi

PicoCELAマルチホップWi-Fiは、LAN配線が難しい広大なエリアに、安価で容易にWi-Fiエリアを構築できるPicoCELA社の無線LANアクセスポイントを使ったソリューションになる。
PicoCELAの技術では、10台以上マルチホップしても十分な通信速度を維持できる。

今後は公衆無線LANへの接続により得られる人流データやアンケート機能によるデータ収集など、ビッグデータ活用による観光マーケティングにより、さらなる観光客誘致や回遊性向上に貢献する。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/notice/tohoku/page/2022/220324_01.html