マーケティング

2016年MVNO格安SIMの市場動向調査で満足度トップは「コストパフォーマンスの高さ」(ICT総研調べ)

ICT総研は6月15日、2016年MVNO格安SIMの市場動向調査の結果を公表している。
調査はインターネットユーザー11,009人に対するWebアンケート(2016年6月2日~5日に実施)のうち、格安SIM利用者613人の回答結果を元に推計したもの。

■ MVNO「格安SIM」利用者シェア
スマートフォンに格安SIMを挿して利用するユーザーの回答を集計した結果、楽天モバイルが17.0%とトップ、次いでNTTコミュニケーションズの「OCNモバイルONE」が16.5%とほぼ拮抗した形となった。
3位はインターネットイニシアティブの「IIJ mio」で12.4%、4位はビッグローブの「BIGLOBE SIM」で9.5%、5位はケイ・オプティコムの「mineo」で9.1%。

■利用者の満足度の高い項目
スマートフォンでの格安SIM利用者に対して、10項目におよぶ満足度ポイントを100点満点に換算して聞いたところ、「コストパフォーマンスの高さ」(平均79.5ポイント)、「最適な料金プランの有無」(平均77.5ポイント)など、料金面に対する項目の満足度ポイントが、他の項目と比べて相対的に高かった。
NTTドコモ、au、ソフトバンクなど大手携帯電話事業者のMNOと比べて、料金面を一番に考えるのは当然の結果と言えよう。
料金比較対比の表を目にしたことのある人は多いはずだ。

■MVNO「格安SIM」契約数
総務省によると、MVNOサービスの契約数は、2014年末の895万契約に対し、2015年末は1,155万契約と、1年間で29%の伸びを記録(MNOであるMVNOを除いたもの)。
ICT総研は、事業者等へのヒアリングを元に、2016年末にはこれが34.2%増の1,550万契約まで拡大すると推計し、そのうち「格安SIM」の契約数は2015年末時点で419万契約と見られるが、これも2016年末には69.5%増の710万契約まで拡大すると見込んでいる。
最近では家電量販店などで販売を強化しているのがよくわかる。


参照URL http://ictr.co.jp/report/20160615.html

2016年タブレット端末に関する定点調査で、所有率は横ばい、非所有者の購入意向は減少傾向(MMD研究所調べ)

MMD研究所は4月11日、インターネットで20歳以上の男女6,497人を対象に「2016年タブレット端末に関する定点調査」を実施した調査結果を公表している。
期間は2016年3月29日~3月31日。

タブレットの所有率は32.4%で、前年同月に調査した時の33.0%とほぼ横ばいの結果になった。

所有しているタブレット端末のベスト3は、「iPadシリーズ」が46.7%、「Nexusシリーズ」が11.1%、「Xperia Tabletシリーズ」が8.0%の順となった。

タブレット端末所有者(2,105人)を対象に、タブレット端末を購入した時期について聞いたところ、2015年と回答した人が30.7%に上った。

タブレット端末非所有者(4,392人)を対象に、タブレット端末の購入意向を聞いたところ「購入したい」が8.7%、「やや購入したい」が19.5%と合わせて28.2%が購入したい意向で、2014年、2015年の同調査と比較すると減少傾向にあることがわかった。

個人的にはタブレットは好きだし、今後も魅力的な端末が出てきてほしいと思う。
昨年11月に発売された「iPad Pro」の12.9インチRetinaディスプレイの大きさには驚いたね。


参照URL https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1548.html

ドコモ、2015年個人向け携帯電話サービス顧客満足度調査で第1位を受賞

9月30日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、国際的な顧客満足度調査の専門機関であるJ.D. パワー アジア・パシフィックの「J.D. パワー アジア・パシフィック 2015年日本携帯電話サービス顧客満足度調査」における総合満足度ランキングで、第1位になったことを報告している。

本調査は、J.D. パワーが、全国の携帯電話の個人利用者31,200名を対象に、「電話機」「提供サービス」「通信品質・エリア」「各種費用」「電話機購入経験」「アフターサポート」の6つのファクターにおいて調査を実施し、ドコモは、「通信品質・エリア」「電話機購入経験」「アフターサポート」のファクターにおいて最も高い評価を得た。

これでドコモは2年連続で総合満足度1位となった。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2015/09/30_03.html

2014年スマートフォンゲームの利用実態調査で、ハマったゲームアプリはパズドラが1位(MMD研究所調べ)

MMD研究所は12月26日、「2014年スマートフォンゲームの利用実態調査」の結果を公表している。
これは2014年12月11日~12月13日にかけてスマートフォンを所有している20歳以上の男女562人を対象に実施したもの。

各調査項目のベスト3を挙げると、以下のような結果となっている。

■テレビCMでみたことがあるスマートフォンゲームアプリ(複数回答)
1位「パズル&ドラゴンズ」52.7%
2位「モンスターストライク」34.5%
3位「白猫プロジェクト」30.2%

■遊んだことがあるスマートフォンゲームのジャンル(複数回答)
1位「パズル」37.0%
2位「シミュレーション」19.8%
3位「育成・箱庭」16.2%

■2014年ハマったゲームアプリ(最大3つまで選択可能)
※スマートフォンゲーム利用経験者を対象
1位「パズル&ドラゴンズ」25.4%
2位「ディズニー ツムツム」12.5%
3位「ぷよぷよ!!クエスト」11.5%

■スマートフォンゲームアプリをダウンロードしたきっかけ(複数回答)
※スマートフォンゲーム利用経験者を対象
1位「スマートフォン広告を見てダウンロードした」35.9%
2位「テレビCMを見てダウンロードした」22.4%
3位「同僚や友人に勧められて自分でダウンロードした」15.3%

■事前予約サイトの利用について
※スマートフォンゲーム利用経験者を対象
1位「知らない」64.7%
2位「知っていて利用している」17.6%
2位「知っているが利用していない」17.6%

■スマートフォンゲームの1週間の平均起動時間
※スマートフォンゲーム利用経験者を対象
1位「毎日」46.1%
2位「週1日未満」26.1%
3位「週5~6日」12.5%

■同時に遊んでいるスマートフォンゲームのタイトル数
1位「1~2本」39.7%
2位「3~4本」33.2%
3位「0本」16.6%

調査結果を見てみると、やはりダウンロードしてもらうにはスマートフォン広告が有効なのと、スマートフォンゲームでは事前登録でアイテムをもらえる特典が定番化しているが、事前予約サイトの認知度が低いのは意外だった。


参照URL https://mmdlabo.jp/investigation/detail_1384.html

NTTドコモがJ.Dパワーの携帯電話サービス顧客満足度調査で3年ぶりに1位!

10月30日にJ.D. パワー アジア・パシフィックがプレスリリースにて、2014年日本携帯電話サービス顧客満足度調査<顧客満足度編>の調査結果を発表した。
2014年7月にインターネット調査を実施し、総計31,200人から回答を得たものである。

その結果、携帯電話サービスの顧客満足度は、全6ファクターのうち「通信品質・エリア」「電話機購入経験」「アフターサービス対応」「提供サービス」の4ファクターで最も高い評価を得たNTTドコモが567ポイントでトップとなった。
NTTドコモがトップになったのは3年ぶりという。
また、「電話機」「各種費用」の2ファクターにおける他社に対する評価差も改善しているようだ。

顧客満足度第2位は563ポイントを得たauで、「各種費用」ではトップとなっている。
第3位のSoftBankは545ポイントで、「電話機」の評価ではトップだった。


参照URL http://japan.jdpower.com/news/20142150081/

私個人としてはドコモに対して「通信品質・エリア」「電話機購入経験」「アフターサービス対応」「提供サービス」「電話機」では満足している。
しかし、「各種費用」では不満だ。

新料金プランの通話プランは、「カケホーダイ」1択で、通話をあまりしない人のための選択肢がない。
通話をよくする人にとっては大きなメリットだが、ドコモにとって収益を圧迫しているのも事実だ。
機種変更をする際に新料金プランにしないと月々サポートが受けられないのも厳しい点。
データプランの基本料も高い。
長期優遇の「ずっとドコモ割」の割引率も物足りない。
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ