マーケティング

総務省、令和元年度の電気通信番号に関する使用状況について公表

本日付けの総務省公式サイトの報道発表によると、総務省は、電気通信事業報告規則に基づき電気通信事業者から報告を受けた令和元年度の電気通信番号に関する使用状況について、取りまとめて公表している。

主な電気通信番号の使用数は以下の通り。

【令和元年度末(令和2年3月31日)時点】
・固定電話用の0AB~J番号は約5,887万番号で、前年度末比約113万番号減少(約1.9%減)であり、減少傾向が続いている。

・IP電話用の050番号は約892万番号で、前年度末比約8万番号減少(約0.9%減)であり、前回報告時も年々増加幅が縮小しており今回から減少に転じている。 
                                       
・携帯電話・PHS用の070/080/090番号は約17,654万番号で、前年度末比約58万番号減少(約0.3%減)であり、前回報告時も年々増加幅が縮小しており今回から減少に転じている。

・平成29年10月から新たにM2Mサービス用の020番号が使用可能となり、使用数は令和元年度末時点で約2,215万番号で、前年度末比約1,531万番号増加(約30.9%増)だった。

【令和元年度(平成31年4月1日~令和2年3月31日】
・携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施状況は約433万番号で、前年度比約73万番号減少(約14.4%減)だった。
 

スマホ利用者のWi-Fi利用場所、自宅が最も多く90.1%で次いで宿泊施設が45.5%(モバイル社会研究所 2020年1月調べ)

NTTドコモの社会科学系の研究所「モバイル社会研究所」は5月13日、2020年1月にWebで実施したスマホ利用者のWi-Fi(無線LAN)利用について調査結果を公表した。

調査対象は全国の15~79歳の男女で、有効回答数は6,925。

スマホ利用者のWi-Fi利用場所

スマホ利用者のWi-Fi利用場所

1か月以内にスマホを利用する時にWi-Fiを利用する場所を聞いたところ、自宅が90.1%とほかの場所に比べても圧倒的に高い結果が出た。
自宅でのWi-Fi利用がかなり浸透していることがわかった。
次いで宿泊施設が約5割、職場・学校が約4割、公共施設が約3割と続いた。

性年代別スマホ利用者のWi-Fi利用場所

性年代別スマホ利用者のWi-Fi利用場所

スマホ利用時のWi-Fi利用場所を性年代別で見ると、どの性年代においても自宅での利用が他の場所よりも圧倒的に高かった。

若年層ほど自宅以外でのWi-Fi利用が高くなっている。
10代男性はコンビニエンスストアで38.9%、10代女性は31.2%とWi-Fi利用の高さが目立っている。
またファーストフード店、カフェ、飲食店でも10代・20代は男女ともにWi-Fi利用が他の世代よりも高い。

また60代・70代でも男女ともに、あらゆる場所でWi-Fiを利用していることがわかった。

宿泊施設では男女とものどの世代でも3割から5割がWi-Fiを利用しており、高齢者の利用も高い。

また職場・学校では男性はどの世代でも3割からで4割、女性でも2割から4割がWi-Fiを利用している。


参照URL https://www.moba-ken.jp/project/others/ownership_index.html

2020年1月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査(MMD研究所調べ)で総合満足度1位は「d払い」 

MMD研究所は1月28日、「2020年1月 スマートフォン決済(QRコード)の満足度調査」の調査結果を公表している。
6サービス(PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、d払い、メルペイ、au PAY)の利用者18歳~69歳の男女600人を対象に、2019年12月26日~2020年1月5日まで調査が行われた。

メインで利用しているQRコード決済の満足度をそれぞれ聞いたところ、「満足」「やや満足」をあわせた総合満足度が最も高かったのは「d払い」で71.0%、次いで「楽天ペイ」が70.0%、「LINE Pay」が65.0%となった。
「d払い」は項目別で、「アプリのデザイン、使いやすさ」、「セキュリティの安心」、「キャンペーンやお得さ」で1位を獲得。
なお、「やや不満」「不満」をあわせた総合不満度は全サービスで10%に満たない結果となった。

メインで利用しているQRコード決済サービスの総合満足度

利用中のメインで利用しているQRコード決済サービスの項目別満足度


2018年度上期国内携帯電話端末出荷台数は、SIMフリースマホで7.1%減と上期初の前年割れ(MM総研調べ)

MM総研は11月14日、2018年度上期(2018年4月~9月)の国内携帯電話端末の出荷台数調査結果を発表した。

それによると、2018年度上期の総出荷台数は1,552.1万台(前年同期比5.0%減)。
スマートフォン出荷台数は1,390.1万台(1.2%増)。
SIMフリースマートフォン出荷台数は134.3万台(7.1%減)で上期初の前年割れとなった。
フィーチャーフォン出荷台数は162万台(37.9%減)で過去最低を大幅更新している。

注目すべきはSIMフリーの出荷台数が前年割れになった点で、大手携帯キャリア各社が導入した料金プランがMVNOへの流出防止に一定の効果を発揮しているようだ。



2018年度上期のメーカー別出荷台数シェア1位はAppleで総出荷に占めるシェアは41.6%となった。
以下、2位:シャープ、3位:富士通、4位:ソニーモバイル、5位:京セラと続く。



スマートフォン市場(SIMフリー含む)での出荷台数シェアは1位がAppleで46.5%となった。
以下、2位:シャープ、3位:ソニーモバイル、4位:Samsung、5位:Huaweiと続く。


参照URL https://www.m2ri.jp/news/detail.html?id=321



国内タブレット市場、家庭向けの2017年第2四半期の出荷台数は過去最高(IDC Japan調べ)

IDC Japanは9月14日、国内タブレット市場の2017年第2四半期(4~6月)の出荷台数実績値を発表した。

それによると、2017年第2四半期のタブレット端末の出荷台数は、前年同期比27.5%増の229万台で、セグメント別に見ると、家庭市場向けタブレットは前年同期比36.3%増の193万台、ビジネス市場向けタブレットは5.2%減の36万台となった。

家庭市場向けタブレットは、IDCの国内調査以来最大の出荷台数となり、通信事業者向け出荷を中心とするファーウェイ、LGの出荷が大きく市場を牽引し、回線付きモデルの出荷が前年同期比57.1%増となったことがおもな要因。
また、実需の指針となるWi-FiモデルはマイクロソフトSurfaceの値下げなどによりWindowsタブレットの出荷が進み、前年同期比1.9%増のプラス成長となった。

一方、ビジネス市場向けの出荷は36万台で、これは2013年第3四半期(7~9月)以来の低い水準の出荷台数。
2017年第2四半期は、金融向け案件や学校案件などがあったが、一般企業でのポータブルPCとの競合や、外出先でのメールなどのやりとりを携帯電話やスマートフォンで行う事が多いことから、タブレットに対する需要は低く、マイナス成長となった。

2017年第2四半期国内タブレット市場出荷台数の上位5社は、アップル、ファーウェイ、LG、富士通、エイスースとなった。
アップルは、前年同期比21.7%増と新型iPad及びiPad Proの発売に伴い出荷台数を増加させた。
ファーウェイは、前年同期比41.8%増と通信事業者向け出荷を中心に出荷行うと共に、一般量販店向け製品も、安価で高性能な点が評価され、出荷を伸ばしている。

■参考資料
2017年第2四半期 国内タブレット市場 カンパニー別シェア(出荷台数)



参照URL http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20170914Apr.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー

follow on twitter follow on feedly
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
Copyright © 2011-2020 Mobamemo All Rights Reserved.