ドコモ関連以外のITサービス

国立高専機構とNEC、サイバーセキュリティ分野の人材育成強化を目的に包括連携協定締結

7月22日付けのNEC公式サイトのプレスリリースによると、国立高等専門学校機構(高専機構)と日本電気(NEC)は、サイバーセキュリティ分野における人材育成強化を目的に包括連携協定を2022年7月22日(金曜)に締結したことを発表している。

両者の連携協力により、全国の51の国立高等専門学校(国立高専)に対して、高専機構の60年に渡る社会ニーズに応じた社会実装教育による高度技術者を輩出し続けている実績と、NECが有する最新のセキュリティの技術や知見を掛け合わせた産学共同の教育支援を行うことで、企業でこれまで以上に活躍できる実践力を持った人材の育成・輩出に貢献する。

■包括連携協定を通した取り組みについて
①教職員と専門技術者の情報交換
高専機構が設置・運営する全国の国立高専の教職員とNECの専門技術者との定期的な情報交換により、最新のサイバー攻撃の動向や技術トレンドを共有する。

②サイバーセキュリティ演習環境の拡充
NECグループの営業・SEが利用しているサイバーセキュリティ訓練場やCTF(Capture The Flag:フラグと呼ばれる答えを手を動かしながら見つけて得点を競い合うことで、楽しみながらセキュリティ技術の学習を行い、スキルを可視化する)などの演習環境を学生向けに提供し、実践力強化を図る。

NECのサイバーセキュリティ訓練場を使った演習のイメージ
NECのサイバーセキュリティ訓練場を使った演習のイメージ

③体系的なセキュリティ知識習得のための教材提供
NECが全社員向けに実施しているセキュリティ教育コンテンツを活用した教材を提供し、学生全体の体系的なセキュリティ知識習得を促進する。

④高専機構による各地域でのセキュリティコミュニティ活性化
高専機構が参画している全国各地域のセキュリティコミュニティへNECも参画し、コミュニティ活動の活性化を通して、人材育成を推進する。

NTTデータと新潟大学、地域創生を進める共同研究で佐渡市民と対話型のワークショップを全5回開催

6月23日付けのNTTデータ公式サイトのニュースリリースによると、NTTデータは、国立新潟大学と、地域住民と共に「循環」をテーマに地域創生を進める共同研究を2022年6月30日(木曜)から9月30日(金曜)まで新潟県佐渡市で行うことを発表している。
持続可能な街や暮らしの実現に向け、市が現在抱える課題の整理と、その解決策の提示を目指す。

佐渡市は、自然豊かな環境から多くの恩恵を受け、生物多様性を守りながらより豊かな暮らしに発展させていくことを目指しているが、人口減少による自然荒廃や経済衰退が深刻である。

そこで、自然資源を生かし経済を発展させる、「循環」する街の実現が急務で、今回の共同研究では佐渡市民と対話型のワークショップを全5回開催し、地域の現状や課題、ニーズ、未来像、課題解決の方向性を「循環」をテーマに探る。

今後、NTTデータは共同研究の成果をもとに2022年度下期に「佐渡リビングラボ」を開設し、自然共生と経済発展を好循環させる社会システムやサービス検討に着手予定。

■リビングラボの活動を生かしたサービス開発プロセス
リビングラボの活動を生かしたサービス開発プロセス

■両者の役割
NTTデータ:ワークショップの運営、国内先行事例の調査
新潟大学:ワークショップの運営、ワークショップで出された意見の分析集約


参照URL https://www.nttdata.com/jp/ja/news/release/2022/062300/

伊藤園と富士通、AI画像解析により茶葉(茶芽)の摘採時期を簡便に判断する技術を共同開発

5月10日付けの富士通公式サイトのプレスリリースによると、伊藤園と富士通は、AI画像解析により茶葉(茶芽)の摘採時期を簡便に判断する技術を共同開発し、伊藤園が展開する茶産地育成事業の契約産地にて試験運用を開始することを発表している。

本技術は、茶畑で茶葉をスマートフォンで撮影するだけでアミノ酸量と繊維量を推定でき、茶葉の摘採時期を簡便に判断することができる。
伊藤園は画像から推定するアミノ酸量と繊維量による品質と収穫量の関係性など茶栽培に関する全般の知見を提供し、富士通は画像解析技術およびAIの機械学習を組み合わせた画像認識アルゴリズムの作成技術を提供する。

茶葉生育診断サービス

2022年の新茶摘採から本技術の試験運用を開始し、画像認識アルゴリズムの正確性や実用性を検証する。
これにより、生産者の高齢化や後継者不足の折に、茶農業への新規参入の障壁となる課題を解決し、茶農業の生産力向上と持続性を両立することに寄与する。

伊藤園と富士通は、茶葉の摘採時期を簡便に判断できる本技術の確立に向けて協働し、2023年の新茶摘採から契約産地で本格展開を目指す。


参照URL https://pr.fujitsu.com/jp/news/2022/05/10.html

Amazonがプライム会員向けに「成城石井ネットスーパー」をオープン、配送エリアは都内一部地域

3月2日付けのAmazon公式サイトのプレスリリースによると、Amazonは、スーパーマーケット「成城石井」を展開する成城石井との協業により、Amazonプライム会員向けサービスとして、Amazon.co.jp上に成城石井ネットスーパーを2022年3月2日(水曜)にオープンすることを発表している。

Amazon、成城石井ネットスーパー

サービスの概要は以下の通り。

■取扱商品
生鮮食品、惣菜、デザート、パン、直輸入ワイン、成城石井オリジナル商品など

■配送エリア
東京都の一部地域(大田区、品川区、渋谷区、杉並区、世田谷区、中野区、目黒区の7区 ※一部エリアを除く)

■配送時間
12:00~22:00(当日または翌日の2時間単位で指定可能)

■最低注文金額
2,000円以上

■配送料
10,000円未満の注文の場合は配送料390円、10,000円以上の注文の場合は無料

■利用条件
Amazonプライム会員への登録(年会費4,900円、または月会費500円)が必要

※ 上記の料金/価格は全て税込表記。
※ 上記は全て2022年3月2日(水曜)時点の情報で、今後予告なく変更となる場合がある。


参照URL https://amazon-press.jp/Top-Navi/Press-releases/Presselist/Press-release/amazon/jp/Retail/Amazon_SeijoIshii/Amazon_SeijoIshii_20220302/

Yahoo!メール、新ドメイン「@ymail.ne.jp」のメールアドレスの提供を3月1日より開始

2月25日付けのYahoo! JAPAN公式サイトのプレスリリースによると、ヤフーが提供する「Yahoo!メール」は、2022年3月1日(火曜)より新ドメイン「@ymail.ne.jp」のメールアドレスの提供を開始することを発表している。

Yahoo!メール、新ドメイン「@ymail.ne.jp」

「Yahoo!メール」は、1999年のサービス開始より「@yahoo.co.jp」ドメインのメールアドレスを提供している。
サービス開始から23年目を迎え、多くのユーザーにメールアドレスを作成・利用してもらっていることから、現在ではシンプルで覚えやすいメールアドレスの取得が難しくなっていた。

「Yahoo!メール」では今回、ユーザーがシンプルで覚えやすい希望のメールアドレスを取得できるよう、新ドメイン「@ymail.ne.jp」のメールアドレスの提供を決定した。
希望のメールアドレスが取得しやすくなるので、たとえば就職活動や進学など、何かと連絡先メールアドレスが必要になる新生活に向けたメールアドレス取得に最適である。

新ドメインのメールアドレスは、現在提供している「@yahoo.co.jp」ドメインの既存のメールアドレスに加えて取得することが可能。

また、「Yahoo!メール」上では、従来の「@yahoo.co.jp」のアドレスと新しく取得した「@ymail.ne.jp」のアドレスのメールをまとめて確認することや、ユーザー自身でフォルダ分けルールを設定して別々に確認することも可能。

新ドメインのメールアドレスは、2022年3月1日(火曜)14時頃(申し込み開始時間は変更になる場合がある)より、「Yahoo!メール」アプリやサイト上から申し込める。


参照URL https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2022/02/25m/
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)、iPhone 11 64GB(ホワイト)、arrows Be4 Plus F-41B(ブラック)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ