ドコモの料金プラン

ドコモ、月間データ容量20GBを月額2,980円(税抜)で利用できる新料金プラン「ahamo」を2021年3月に提供開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした、月間データ容量20GBを月額2,980円(税抜)で利用できる新たな料金プラン、「ahamo(アハモ)」を2021年3月に提供開始することを発表している。

ahamo

ahamoはシンプルな料金プランとし、実店舗ではなくオンラインで受付する。
受付拠点や提供サービスの絞込みをおこなうことで効率化を図り、これらのサービスを月額2,980円(税抜)で提供する。

ちなみにahamoには以下の3つの意味が込められているという。
・「未知の物事を瞬時に理解すること」を意味する「アハモーメント」
・「なるほど」という相づちの英語表現「Aha」
・「楽しい時にアハハと笑う」感嘆詞としての「アハ」
ドコモは、この新たな料金プランahamoを通して、ユーザーに「驚き」、「喜び」そして「楽しさ」を感じてもらうことをめざす。

■月額料金
2,980円(税抜)
別途ユニバーサルサービス料がかかる。

■月間利用可能データ容量
20GB

■利用可能データ容量超過後速度
送受信時最大1Mbps

■音声通話
1回あたり5分以内の国内通話無料
「SMS(1通あたり3円)」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外
5分をこえる国内通話は20円/30秒

■ネットワーク
ドコモの4G/5Gネットワーク

■各種オプション
利用可能データ容量の追加:1GBあたり500円(税抜)で利用可能データ容量の追加が可能
かけ放題オプション:月額1,000円(税抜)で国内通話無料
※ 「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)(189)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は、別途料金がかかる。

■事務手数料
無料(新規契約事務手数料・機種変更手数料・MNP転出手数料)

■その他の特徴、留意事項
・20GBの月間データ容量で、海外82の国々・地域で追加料金なく利用することができる。
・2年定期契約や解約金の設定はない。
・1,000円の利用につき、dポイント10ポイントがたまる。
・個人のみ契約可能で、契約にはdアカウントが必須(法人契約は不可)。
・キャリアメールの提供はない。
・支払方法は、口座振替またはクレジットカード払いとなる。
・契約することができるのは20歳以上(親権者に契約してもらい、20歳未満の人を利用者登録することは可能)。
・ahamoでの動作確認ができた端末については、WEBサイトで順次お知らせする予定。
・ドコモユーザーについては、MNPの手続きは無しに、プラン変更で簡易に手続きできる。ただし、システム対応に時間を要しており、システム対応が完了する5月までの間は、他社から乗り換えのユーザーと同等の手続きを行うことになるが、手数料や解約金の負担はない。

提供開始に先立ち、2020年12月3日(木曜)より提供開始日の前日まで先行エントリーを受付する。
専用サイトから電話番号とメールアドレスを登録して、提供開始後にahamoを契約することでdポイント(期間・用途限定)3,000ポイントを進呈する。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/12/03_00.html

ドコモ、VoLTE対応「キッズケータイプラン」を1月17日から提供開始

1月8日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、VoLTEに対応したキッズケータイを利用する際の料金プラン「キッズケータイプラン」(Xi)を2020年1月17日(金曜)から提供開始することを発表している。

「キッズケータイプラン」(Xi)は、12歳以下の子どもがVoLTEに対応したキッズケータイを月額500円で使える料金プラン。
家族内の通話が無料で利用できる。

なお、本プランの提供開始に伴い、「キッズケータイプラン」(FOMA)は2020年3月31日(火曜)をもって新規受付を終了する。

■「キッズケータイプラン」(Xi)概要
月額料金:500円
国内通話料:家族間無料(ファミリー割引グループ内の通話が無料)、それ以外20円/30秒

※ 表記の金額は全て税抜。

■申込み条件
①「キッズケータイプラン」(Xi)以外の回線を親回線とする「ファミリー割引」の契約が必要で、「キッズケータイプラン」(Xi)単独での契約はできない。申込み時に「ファミリー割引」グループの副回線として加入する必要がある。
②利用者が12歳以下の場合に限り、申込みできる(1人につき1回線限り)。なお、申込み後に利用者の年齢が12歳を超えた場合でも継続して利用できる。
③VoLTEに対応したキッズケータイの利用が必要。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/01/08_01.html

ドコモ、新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を6月から提供

4月15日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、シンプルでおトクな「ギガホ」「ギガライト」「データプラス」「ケータイプラン」「キッズケータイプラン」を2019年6月1日(土曜)から提供開始することを発表している。

新料金プランは、家族間国内通話無料の音声プラン、spモード、データ通信をワンパッケージにした料金プランで、外出先でも動画などのデータ通信が多いユーザー向けの「ギガホ」、メールやSNSの利用が中心でデータ通信が少ないユーザー向けの「ギガライト」の2つから選べる。

「ギガホ」は、「みんなドコモ割(3回線以上)」適用の場合、大容量の30GBを月額5,980円で利用できる。
月間利用データ量が30GBを超えてからは、通信速度は最大1Mbpsで動画・SNSなどの各種コンテンツが楽しめる。
また、2019年9月30日(月曜)までに「ギガホ」に加入すると、「ギガホ割」の適用により、最大6か月間月額4,980円から利用できる。

「ギガライト」は、利用データ量に応じた料金が段階的に適用となり、「みんなドコモ割(3回線以上)」適用の場合、月間利用データ量が1GB以下の場合、月額1,980円となり、従来の料金プラン(「ベーシックシェアパック」、「ずっとドコモ割プラス(プラチナステージ)」を契約で、「シンプルプラン」3回線で利用した場合のひとりあたり平均月額料金)よりも最大4割おトクに利用できる。

このほか、ひとりで2台利用する場合には、月額1,000円で「ギガホ」もしくは「ギガライト」のデータ量を利用できる「データプラス」、ドコモケータイユーザーには月額1,200円で利用できる「ケータイプラン」、キッズケータイユーザーには月額500円で利用できる「キッズケータイプラン」を提供する。

■新料金プラン(割引適用前)


さらに、ドコモを長く、たくさん利用した「ギガホ」「ギガライト」「ケータイプラン」ユーザーに「ずっとドコモ特典」を進呈する。
これはdポイントクラブステージに応じて、新料金プラン契約者の誕生月にdポイント(期間・用途限定)を毎年進呈する(プラチナ:3,000pt、4th:2,000pt、3rd:1,500pt、2nd:1,000pt、1st:500pt)。

また、「はじめてスマホ割」として、ドコモケータイから「ギガホ」もしくは「ギガライト」に申込み、他社ケータイ契約者がドコモに乗換え「ギガホ」「ギガライト」に申込みすると、最大12か月間月額1,000円の割引が適用される。
「ウェルカムスマホ割」適用中のユーザーは、「ウェルカムスマホ割」の終了日を引き継いで、「はじめてスマホ割」を適用する。

なお、新料金プランの提供開始に伴い、「カケホーダイ&パケあえる」のFOMA、Xi料金プランおよび「docomo with」などの割引サービス、「月々サポート」、「端末購入サポート」などの割引サービスは、2019年5月31日(金曜)をもって新規受付を終了する。

また、FOMA音声プランおよび割引サービス、iモードは2019年9月30日(月曜)に、FOMAデータプラン・ユビキタスプランおよび割引サービスは2020年3月31日(火曜)をもって新規受付を終了する。

※ 表記の金額は全て税抜。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2019/04/15_00.html

ドコモ、「パケットパック海外オプション 国・地域限定プラン」を2019年2月より提供

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、海外パケット定額サービス「パケットパック海外オプション」において、期間/対象国・地域限定で、海外でのパケット通信を1時間または複数日単位で使っていた際に最大1,580円割引となるキャンペーン料金プランを2018年7月20日(金曜)~2019年1月31日(木曜)まで提供しているが、ユーザーに好評なことから、キャンペーン終了後の2019年2月1日(金曜)より、本料金プランを正式な料金プラン「パケットパック海外オプション 国・地域限定プラン」として提供開始する。

2019年2月1日(金曜)以降は、本料金プランの対象国・地域をキャンペーン中の15から62に拡大し、欧州ではドイツ・フランス・イタリア・スペインなど、アジアでは台湾・シンガポールなどを追加。

また、短時間や緊急時により手軽に使いたいという利用ニーズに応え、1時間プランの料金を300円から200円に値下げする。
これらのサービス拡充により、国を跨る周遊ニーズにも応え、より多くの国・地域において、さらに便利に安心して使うことが可能となる。

■「パケットパック海外オプション 国・地域限定プラン」の内容


※1 利用期間は、海外で利用開始操作をしてから継続してパケット通信を利用できる期間で、利用開始操作後に、利用中プランの一時停止、キャンセル、および他のプランへの変更はできない。
※2 割引額は、基本プラン(980円/24時間)を各日数利用した場合の金額と比較した際の差額になる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/12/20_00.html

ドコモ、4段階の定額制料金「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」を5月25日より提供

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、利用データ量に応じて4段階の定額制料金が適用となる「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」を、2018年5月25日(金曜)より提供することを発表している。

家族で利用の契約者向けの「ベーシックシェアパック」は5GBで6,500円から、ひとりで利用の契約者向けの「ベーシックパック」は1GBで2,900円から、それぞれ4段階の定額制料金となる。
利用データ量に応じた料金が段階的に適用となるため、おトクに利用できる。

同様に、法人の契約者についても、同一法人間等でデータ量をシェアできる「ビジネスベーシックシェアパック」の提供を、同日より開始する。

なお、本プランの提供開始に伴い、「シェアパック5/10/15」「ビジネスシェアパック5/10/15」「データSパック」「データMパック」は、2018年5月24日(木曜)をもって新規申し込み受付を終了する。
現在契約中の場合は、継続して利用できる。

■料金プラン概要


※金額はすべて税抜表記。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/04/27_00.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ