ドコモの料金プラン

ドコモが新料金プラン「ahamo」の月額料金を税別2,700円(税込2,970円)に、お得な「dカード特典」も実施

ahamo

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、2021年3月26日(金曜)から提供する新料金プラン「ahamo(アハモ)」の月額料金を2,700円(税別)に改定することを発表している。
また、「dカード」もしくは「dカード GOLD」を利用することで毎月お得に利用できる「dカード特典」を2021年3月26日(金曜)以降、順次追加する。
さらに、先行エントリーキャンペーンについて、一部期間中の特典内容を増額する。

■月額料金の改定
ahamoの月額料金を2,700円(税別)に改定する。
これにより、税込でも2,970円と3,000円を下回る価格で、20GBのデータ量をドコモの高品質なネットワークで利用でき、追加料金なしで5分以内の国内通話や海外82の国と地域でのデータ通信も可能になる。

※ 国内通話は1回あたりの通話時間が5分を超過した場合、超過分について30秒ごとに20円(税抜)の通話料がかかり、デジタル通信料(テレビ電話など)については5分以内の通信は定額対象。
※ 海外82の国と地域でのデータ通信は、15日を超えて海外で利用する場合は、通信速度が制限される。

■dカード特典
【<ahamo>dカードボーナスパケット特典】
ahamoの携帯電話番号をdカードもしくはdカード GOLDのご利用携帯電話番号として登録のうえ、ahamoの料金の支払いをdカードもしくはdカード GOLDに設定すると、月間データ容量を増量する。
ahamoを契約の携帯電話番号をdカードに登録の場合プラス1GB、dカード GOLDに登録の場合プラス5GBまで、それぞれ速度の制限なく利用できる。
特典は、2021年9月から提供予定。

【<ahamo>dカード GOLDご利用額10%還元特典(上限300ポイント)】
dカード GOLDを契約のうえ、ahamoの携帯電話番号をdカード GOLDの利用携帯電話番号として登録しているユーザーは、毎月のdカード GOLDの利用金額100円(税込)につき10%のdポイントを進呈する。
毎月の進呈上限は300ポイント(カード利用金額3,000円(税込))となる。

■先行エントリーキャンペーン
先行エントリーキャンペーンにエントリーのうえ2021年4月15日から2021年5月31日の間に、ahamoサイトでahamoの新規契約もしくは機種の購入を伴う料金プランの変更の手続きをしたユーザーに、dポイント(期間・用途限定)を6,000ポイント進呈する。
ポイントは、進呈条件を満たした月の翌月15日頃に進呈する予定。

 
参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/03/01_00.html

ドコモの新料金プラン「ahamo」の提供開始日は3月26日、すでに100万件の申し込み

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、月間データ容量20GBを月額2,980円(税抜)で利用できる新料金プラン「ahamo(アハモ)」を、2021年3月26日(金曜)に提供開始することを発表している。

「ahamo」は、2020年12月3日(木曜)から先行エントリーキャンペーンの受付を開始し、2月5日(金曜)時点で、100万件の申し込みがあり、大変好評を得ているという。

また「ahamo」は、「5Gギガホ」などのギガプランで提供している「みんなドコモ割」の回線数にカウントする。
例えば、3人家族で、2人が「5Gギガホ」を契約、1人が「ahamo」を契約している場合、「みんなドコモ割」が適用となる契約者は、3回線以上の割引額が適用となる。
さらに、ギガプランから「ahamo」へ移行した場合でも、継続利用期間を引き継ぐ。

なお、対応端末などの詳細は準備が整い次第改めて案内するという。

ahamoの内容

※1 海外での発着信、「WORLD CALL」、「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)特番、(104)の番号案内料、衛星電話/衛星船舶電話、当社が指定する電話番号(機械的な発信などにより、長時間または多数の通信を一定期間継続して接続する電話番号)などへの発信は定額の対象外となり、別途料金がかかる。

※2 1回あたりの通話時間が5分を超過した場合、超過分について30秒ごとに20円(税抜)の通話料がかかる。またデジタル通信料(テレビ電話など)についても5分以内の通信は定額対象となる。

※3 同一「ファミリー割引」グループ内通話無料について、ahamo契約回線からの発信は対象外となるが、ギガプランなどを契約中の同一「ファミリー割引」グループ回線からのahamo契約回線への発信については無料となる。

※4 同一「ファミリー割引」グループ内における、音声通話が可能な料金プラン(2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランを除く)契約回線がカウント対象となり、「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」の月額料金から割引する。ahamo契約回線についても、「みんなドコモ割」のカウント対象となる。

※5 同一「ファミリー割引」グループ内での「ドコモ光」の契約が必要となり、別途費用がかかる。「ドコモ光」契約者または同一「ファミリー割引」グループ内の「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」の契約者が対象。同一「ファミリー割引」グループ内で「ドコモ光ミニ」のみ利用の場合は、割引条件などが異なる。

※6 ahamo契約回線がドコモ光ペア回線となる場合、同一「ファミリー割引」グループ内の「5Gギガホ」「5Gギガライト(1GB超)」「ギガホ」「ギガライト(1GB超)」契約者については「ドコモ光セット割」の対象となる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/02/05_01.html

ドコモ、3G契約から4G・5G契約へ移行するユーザー向けに「はじめてスマホプラン」を2021年4月1日から提供開始

12月18日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、3G契約から4G・5G契約へ移行されるユーザーを対象に、月額1,650円(割引適用前)で4G・5G契約できる新たな料金プラン、「はじめてスマホプラン」を、2021年4月1日(木曜)から提供開始することを発表している。

はじめてスマホプラン

本プランは、3G契約をしているユーザーの契約変更、または他社3G契約からの乗り換えの際に申込め、「dカードお支払割」および「はじめてスマホ割」の適用で1年目月額980円、2年目以降もずっと月額1,480円でおトクに利用できる。

月間のデータ量は1GBまで利用可能(指定容量を超えた場合は、128kbpsのデータ通信速度)。
1GBを超えて利用する場合、1GBあたり1,000円で利用可能データ量を追加できる。

音声通話は5分間までの国内通話が何度でも無料(5分を経過した場合は、30秒ごとに20円の通話料)で利用できる。
また、通話を多くするユーザーには、月額1,000円で国内通話がかけ放題になる、かけ放題オプションが用意される。
※ 「SMS」、(0570)(0180)などの他社接続サービス、(188)の特番、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外。

なお、本プランの提供開始にともない、「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ」「ギガライト」で提供している「はじめてスマホ割」、「ずっとはじめてスマホ割」、「おしゃべり割」は、2021年3月31日(水曜)をもって新規受付を終了する。

また、2020年12月19日(土曜)から本プラン提供開始前日の2021年3月31日(水曜)までの期間、ケータイ(フィーチャーフォン)からスマートフォンへ移行したユーザーを対象に、本プラン相当のおトクな料金でスマートフォンを利用できるよう、「はじめてスマホ割」「おしゃべり割」の割引適用期間延長などを行う「先行キャンペーン」を実施する。

※ 表示価格は税抜。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/12/18_01.html

ドコモ、大容量のデータ通信をおトクに利用できる「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を2021年4月1日から提供開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、5G向け料金プラン「5Gギガホ」と4G向け料金プラン「ギガホ」の見直しを行い、大容量のデータ通信をよりおトクに利用できる「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を、2021年4月1日(木曜)から提供開始することを発表している。

「5Gギガホ プレミア」は、外出先での動画視聴など、大容量のデータ通信を利用するユーザー向けのプラン。
月額6,650円(割引適用前)でデータ容量の上限を気にすることなく、無制限(ネットワーク混雑時・大量通信時などに通信制限がかかる場合がある)にデータ通信を利用できる。
また、利用データ量が3GB以下の月は、1,500円おトクに利用できる。

「ギガホ プレミア」は、4Gで大容量のデータ通信を利用するユーザー向けのプラン。
月額6,550円(割引適用前)で60GB/月まで利用できる。
「5Gギガホ プレミア」と同様に、利用データ量が3GB以下の月は利用料金を1,500円おトクに利用できる。

5Gギガホ プレミア、ギガホ プレミア

また、「ドコモのロング学割」を適用した場合、「5Gギガホ プレミア」は最大6カ月間、月々980円※から、「ギガホ プレミア」は最大6カ月間、月々900円※から利用できる。
また、「ギガホ プレミア」は、7か月目以降は22歳までずっと月々400円/月割引となり、3GB以上利用の場合、「ギガホ プレミア」は、60GBで月々3,980円※から利用できる。
※ dカードお支払割、みんなドコモ割(3回線以上)、ドコモ光セット割適用後の価格。

なお、「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」の提供開始に伴い、「5Gギガホ」「ギガホ」「5Gギガホ割」「ギガホ割」は、2021年3月31日(水曜)をもって新規受付を終了する。
※ プランを変更せず、現在契約中のプランを継続して契約することも可能。

ドコモ、ギガライトのデータ量の上限を1GBにできる「ギガライト上限設定オプション」を2021年3月から提供開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、「5Gギガライト」「ギガライト」に、データ量の上限をステップ1(1GB)に設定することができる「ギガライト上限設定オプション」を、2021年3月1日(月曜)から提供開始することを発表している。

※ 2019年9月30日以前の「ギガライト」は対象外となり、My docomoや請求書などでは「ギガライト2」と表記される。

本オプションは2021年2月18日(木曜)からMy docomoにて申込みの受付を開始し、申込みの翌月から適用となる。
利用料金は無料。

本オプションでは、利用データ量に応じた料金が段階的に適用となる「5Gギガライト」「ギガライト」に、ステップ1(1GB)でデータ量の上限を設定することができる。
上限設定をすることで1GBを超える通信が発生した際に、自動で速度制限(送受信最大128kbps)がかかる。

■「ギガライト」契約の場合の利用イメージ
「ギガライト」契約の場合の利用イメージ

「5Gギガライト」または「ギガライト」を契約で、月のデータ利用量がステップ1以内の場合に「みんなドコモ割(3回線以上)」「dカードお支払割」を適用した場合、毎月1,980円(税抜き)で利用できる。

さらに、「ドコモのロング学割」を適用中のユーザーは、「+2GB特典」により、ステップ1(1GB)を上限とした利用でも、22歳まで3GBのデータ量を1,480円(税抜き)で利用できる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/12/09_01.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)
月別アーカイブ
Copyright © 2011-2021 Mobamemo All Rights Reserved.