ドコモ機種の操作・設定・バージョンアップ

ドコモ、Android 12へのバージョンアップ予定の46機種を公表

本日付けNTTドコモ公式サイトのお知らせによると、ドコモは、Android 12へのバージョンアップ提供の製品についてお知らせしている。
バージョンアップは機能追加、操作性向上、品質改善などを目的に実施している。

■Android 12へのバージョンアップ予定の製品
・AQUOS zero2 SH-01M
・AQUOS R5G SH-51A
・AQUOS sense4 SH-41A
・AQUOS sense5G SH-53A
・AQUOS R6 SH-51B
・AQUOS sense6 SH-54B
・arrows 5G F-51A
・arrows Be4 F-41A
・arrows NX9 F-52A
・arrows Be4 Plus F-41B
・arrows We F-51B
・Galaxy S10 SC-03L
・Galaxy S10+ SC-04L
・Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L
・Galaxy Note10+ SC-01M
・Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M
・Galaxy S20 5G SC-51A
・ahamoサイトで購入したGalaxy S20 5G SC-51A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・Galaxy A41 SC-41A
・Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A
・Galaxy A51 5G SC-54A
・Galaxy S21 5G SC-51B
・Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B
・Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B
・Galaxy A52 5G SC-53B
・Galaxy Z Flip3 5G SC-54B
・Galaxy Z Fold3 5G SC-55B
・Galaxy A22 5G SC-56B
・Google Pixel 3
・Google Pixel 3 XL
・Google Pixel 3a
・LG V60 ThinQ 5G L-51A
・LG style3 L-41A
・LG VELVET L-52A
・Xperia 1 II SO-51A
・ahamoサイトで購入したXperia 1 II SO-51A
・Xperia 10 II SO-41A
・Xperia 5 II SO-52A
・Xperia 1 III SO-51B
・Xperia 10 III SO-52B
・Xperia Ace II SO-41B
・Xperia 5 III SO-53B
・dtab d-41A
・dtab Compact d-42A
・あんしんスマホ KY-51B

各製品のバージョンアップ開始時期、実施方法、利用可能な機能などの詳細は、提供準備が整い次第、製品アップデートにて順次アナウンスされる。

■Android 12の特長
①プライバシー強化
カメラ、マイク使用中にアイコンが表示されるようになり、アプリがカメラ、マイクを使用していることを一目でわかるようになった。
また位置情報の利用を許可する際に、正確な位置情報のほかにおおよその位置情報を選択できるようになり、ユーザー自身で、用途に合わせて利用する位置情報の粒度を選択できるようになった。

②クイック設定パネル・通知のリニューアル
クイック設定パネルや通知が大幅にリニューアルされ、使いやすくなった。

③スクロールスクリーンショット
1画面に収まらない表示をスクリーンショットする場合、画面に表示されていない部分も含めて1つのスクリーンショットとして、撮れるようになった。
また、範囲選択により、好みの範囲で保存できる。
※ 機種によっては対応していない場合がある。
※ アプリや画面によっては対応していない場合がある。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/211006_00.html

「dtab Compact d-42A」Android 10→11へバージョンアップ

本日付けNTTドコモ公式サイトのドコモからのお知らせにて、「dtab Compact d-42A」のAndroid 11へのバージョンアップ更新開始の発表があり、バージョンアップを行った。

端末本体より「設定」→「システム」→「詳細設定」→「システムアップデート」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで、アップデートできる。

■主なアップデートの内容
・チャットやSNSアプリ等に関する通知の強化
チャットやSNSアプリ等に関する通知が、通知領域の上部に固定され、他の通知と見分けがつくようになった。
また、バブルを開始することができるようになり、バブルによってどの画面からでもチャットにアクセスすることができる。

・プライバシー強化
アプリの位置情報・マイク・カメラに関するユーザー許諾に「今回のみ」の選択肢が追加され、アプリが情報を常に利用するのを制御できるようになった。
また、一定期間利用していないアプリから、過去に付与した位置情報やマイクなどへのアクセス権限を自動的に削除するようになった。

・スクリーンレコード
簡単に画面録画ができるようになり、この機能によりプレイ中のゲーム録画などが可能になる。

■改善される事象
・セキュリティパッチの更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2021年8月になる)。

バージョンアップを適用後のビルド番号は「d-42A_S_S110017_2108170402_SM6125_4G_DCM_JP」となった。
Androidバージョンは「11」になったことを確認した。

iOS 14.3にアップデートで、Apple Fitness+およびAirPods Maxに対応

Appleでは、iOS 14.3およびiPadOS 14.3を2020年12月14日にリリースした。
2週間ちょっとアップデートするのに様子を見ていたのだが、時間ができたこともあり、本日2021年1月2日、iPhone XRをiOS 14.3にアップデートしてみた。

iOS 14.3

アップデート前には、「iOS 14.3では、Apple Fitness+およびAirPods Maxに対応しました。このリリースには、iPhone 12 ProでApple ProRAWの写真を撮影する機能に加えて、Apple Storeへのプライバシー情報の導入、iPhoneのその他の機能の追加、およびバグ修正も含まれます。」とメッセージが出ていた。

アップデートの手順は、ホーム画面から設定→Wi-Fiに接続→一般→ソフトウェアアップデート→ダウンロードとインストール→利用条件を確認して「同意する」→ファイルがダウンロードされるのを待つ→ダウンロード後、「今すぐインストール」でアップデートを実行→アップデート後、本体が再起動される→ホーム画面から設定→一般→情報でシステムバージョンが14.3になっているのを確認する。


参照URL https://www.apple.com/jp/ios/ios-14/

ドコモ、Android 11へのバージョンアップ予定の32機種を公表

11月5日付けNTTドコモ公式サイトのお知らせによると、ドコモは、Android 11へのバージョンアップ提供の製品についてお知らせしている。
バージョンアップは機能追加、操作性向上、品質改善などを目的に実施している。

■Android 11バージョンアップ提供済みの製品
・Google Pixel 3
・Google Pixel 3 XL
・Google Pixel 3a

■Android 11へのバージョンアップ予定の製品
・AQUOS R3 SH-04L
・AQUOS zero2 SH-01M
・AQUOS sense3 SH-02M
・AQUOS R5G SH-51A
・AQUOS sense4 SH-41A
・arrows Be3 F-02L
・arrows 5G F-51A
・arrows Be4 F-41A
・arrows NX9 F-52A
・Galaxy S10 SC-03L
・Galaxy S10+ SC-04L
・Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L
・Galaxy Note10+ SC-01M
・Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M
・Galaxy A20 SC-02M
・Galaxy S20 5G SC-51A
・Galaxy S20+ 5G SC-52A
・Galaxy A41 SC-41A
・Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A
・Galaxy A51 5G SC-54A
・Galaxy A21 SC-42A
・LG style2 L-01L
・LG V60 ThinQ 5G L-51A
・LG style3 L-41A
・LG VELVET L-52A
・Xperia 1 SO-03L
・Xperia 5 SO-01M
・Xperia 1 II SO-51A
・Xperia 10 II SO-41A
・Xperia 5 II SO-52A
・dtab d-41A
・dtab Compact d-42A

各製品のバージョンアップ開始時期、実施方法、利用可能な機能などの詳細は、提供準備が整い次第、製品アップデートにて順次アナウンスされる。

■Android 11の特長
①チャットやSNSアプリ等に関する通知の強化
 チャットやSNSアプリ等に関する通知が、通知領域の上部に固定され、他の通知と見分けがつくようになった。また、バブルを開始することができるようになり、バブルによってどの画面からでもチャットにアクセスすることができる。

②プライバシー強化
 アプリの位置情報・マイク・カメラに関するユーザー許諾に「今回のみ」の選択肢が追加され、アプリが情報を常に利用するのを制御できるようになった。また、一定期間利用していないアプリから、過去に付与した位置情報やマイクなどへのアクセス権限を自動的に削除するようになった。

③スクリーン レコード
 簡単に画面録画ができるようになった。この機能によりプレイ中のゲーム録画などが可能になる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/201105_00.html

ドコモの「spモード コンテンツ決済サービス iTunes」の設定方法

ドコモのiPhoneやiPadユーザーなら、App Store、Apple Music、iBooks、iTunes、iCloudでのコンテンツ購入の支払いに、spモードコンテンツ決済サービスが利用できる。
いわゆるドコモのケータイ料金と一緒に支払いできる。

設定は、NTTドコモ公式サイトの「キャリア決済」かんたん設定ページより「今すぐ設定する」ボタンを押すことにより、下記の手順に進むことができる。

1. Apple ID/パスワードを入力、もしくはTouch IDでサインインする。
2. 「お支払い情報」をタップ。
3. 「お支払い方法の種類」から、「キャリア決済」をタップする。

spモード コンテンツ決済サービス iTunes

なお、請求書には「spモード決済(iTunes)」と表示される。


参照URL https://service.smt.docomo.ne.jp/keitai_payment/itunes/payment_easysetting.html
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)、iPhone 11 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ