イベントレポート

「成城 学びの森」オープンカレッジ2017年度第2回 小田急電鉄鈴木真一氏講演会



■講演会名:「成城 学びの森」オープン・カレッジ 2017年度第2回 「おはようございます」お客さまとの挨拶から成城の街が見えてきます
■日時:2017年11月11日(土曜)14:00~16:00
■場所:成城大学7号館4階007教室(世田谷区成城6丁目)
■講演者:鈴木真一氏(小田急電鉄 成城学園前管区 管区長兼成城学園前駅長)

「成城 学びの森」は、成城大学の生涯学習支援事業になる。
大学スタッフによるエレベーター誘導など、ホテル並の対応が素晴らしかった。

講演内容は、以下の通り。
1. 小田急線とその歴史
2. 改札口での挨拶について
3. 改札口から見える成城の街
4. 駅係員の一日について
5. 鉄道ネタばなし

成城学園前駅は昭和7年に小田急初の橋上駅舎化し、平成16年に地下に複々線化が完了している。
鈴木真一駅長は、朝8時15分から8時45分まで改札口に立って利用客に挨拶。
幼稚園児とはハイタッチしているとか。
今では95%の利用客が挨拶を返してくれて、成城は挨拶が根付いている街という。

現在、成城学園前駅は10人が勤務。
朝の最も混雑している時間帯は、やはり押して乗客を乗せるという。
ホームの特急ロマンスカー券売機の販売終了対応や車椅子の乗客が到着してスロープで降ろす対応など、着実に任務を遂行するためには、あらかじめそれぞれ違う音が鳴るタイマーを設定時刻にセットしているそう。
また駅員は、喜多見にある研修センターで、スキルアップをしているとのこと。
駅の鳥の電子音は、ノジコの鳥の鳴き声で、目の不自由な方への誘導音の役割を果たしている。

小田急では駅要員と運転要員を別けて採用している。
電車の運転免許取得まで、学科と技能ともに4か月、計8か月を要するという。
2018年には複々線完成によりダイヤ改正、制服も一新する。

鈴木真一駅長は話好きな印象で、いろんな鉄道の話が聞けて面白かった。
帰り際には小田急の固形タイプのエコせっけんが参加者に配られた。

静岡ライフハック研究会@沼津で、「ライフオーガナイズ」について学んだ

■イベント名:静岡ライフハック研究会Vol.10「モノだけでなく、人生もすっきりするライフオーガナイズ」
■日時:2016年8月27日(土曜)14:00~17:00
■場所:和洋屋台村まんなか 2階フロア(沼津市大手町5丁目)
■講師:あがたよしこさん(マスターライフオーガナイザー)
■実施内容:講演・ワーク、参加者によるライトニング・トーク

かん吉さんの「わかったブログ」にて当イベントを知り、事前にこくちーずで申し込みを済ませ、静岡ライフハック研究会に初参加してみた。
静岡方面に行くのは久しぶりで、沼津駅に降り立つのは初めてだった。
会場へは駅から5分程と近いので助かる。

到着すると現金払いで参加費を払い、名札ホルダーを首にかけて、かろうじて空いていた右後ろの席に座らせてもらう。
各テーブルごとに4~5人が座るといった形式だ。
浴衣の女性みーなさんが司会進行してイベントは始まった。



要点
ライフオーガナイズとは、空間や暮らし、人生を俯瞰し仕組み化する技術。
オーガナイズの対象。もの、情報、時間。
人生がスッキリするライフオーガナイズの3つのポイント。①「モノ」ではなく「自分」 ②「捨てる」ではなく「選ぶ」 ③「できない」ではなく「自分に合っていない」だけ

ワークでは、自分にとって価値があることを10個以上挙げたり、自分が幸せだな~と感じるシーンを挙げたり、自分の持っているカードを使って4つの枠に分類していく作業をしたりと、テーブルグループごとにお互いに発表し合ったりした。

参加者のライトニング・トークでとくに印象に残ったのは、コウスケさんの「思考の整理」で、①読む(浴びるように読書)、②書く、③話すといったことで、確かにそうすることで整理されていくなと思った。

■まとめ
講師のあがたさんの話を聴いていて、自分の頭の中身を振り絞り、それをどう選び分けていくのか、そのことにより、本当に自分の大事なもの、好きなものがみえてくるなということがわかった。
スタッフで責任者のかん吉さん、はまさん、みーなさんの運営も良く、ご挨拶もさせていただいた。
また、一緒のグループの方々と色々話ができて、楽しく学べて、よい機会になったと思う。
最後にはこの場に集まったみんなで記念撮影をした。

「麻布十番納涼まつり2016」は、記念すべき50回目だった



「麻布十番納涼まつり」は、今年で記念すべき50回目となり、8月27日(土曜)・28日(日曜)の2日間に渡って開催された。
私が参加したのは本日28日のみで、このまつりに訪れたのは実は初めてだった。

東京メトロ南北線麻布十番駅で降りると、警察官による警備体制がしっかりなされていて、安全に対する配慮はさすがである。
時折、小雨がぱらつくあいにくの天気だったが、逆に暑すぎずよかったのかもしれない。
通りは浴衣姿の人たちもそれなりに多かった。

色々とお店が出ているので好きなものを買って食べてみた。



画像は十番コロッケ。



続いての画像は牛串で、この味はまた格別だった。



ステージ10-BANGでは、キッズたちによるダンスショーが行われていた。

「Smart News Contents Creator Meetup vol.2」スマートニュース社@渋谷区神宮前



■イベント名
Smart News Contents Creator Meetup vol.2
■日時
2015年9月3日(木曜)20:00~22:00
■場所
スマートニュース社2階カンファレンスルーム(渋谷区神宮前6丁目)
■内容 
① SmartNews・オピニオンチャンネルの現状や、今後の展開(松浦茂樹氏)
② ブログを含むプラットフォーム事業者8社の中の人トークセッション(ココログ/はてな/ブロマガ/excite/goo/JUGEM/note/Seesaa)
③ 懇親会

スマートニュースの月間ユーザー数は484万人。
オピニオンチャンネル登録者数は3万人強という。
掲載メディアは430。

トークセッションでは、多様性重視のブロマガとnote、居心地重視のJUGEM、システム重視のgoo、グレーなネタでも受け入れる懐の深さアピールのSeesaa、ゴシップ禁止のはてな、幅広い年齢層のブロマガ、占いと健康が人気のココログ、人生の発見の場として提供のexciteとそれぞれのカラーが出ていて面白かった。

懇親会はバイキング形式。
参加者同士の交流は、松浦氏の呼びかけで近くにいる4人一組になって自己紹介し合うという展開もあってなかなか楽しかった。
ブロガーよりは企業のサービス提供者のほうが多い印象だった。

■まとめ
参加してみて、ブログを書き続けることの大切さ、タイトルの工夫の必要性をあらためて感じた。
貴重な機会のイベントにも関わらず、参加費無料はありがたい。
初めて訪れたスマートニュース社のカンファレンスルームは、白い壁と木の壇上の組み合わせが綺麗でよかった。

高橋真麻登場!iOSアプリ「Holiday」トークイベント@アップルストア表参道

■イベント名 「トークセッション with 高橋真麻:iOSアプリケーションで休日のおでかけをもっと楽しもう」
■場所 Apple Store表参道
■日時 2015年8月26日(水曜)13:00~14:00

休日を楽しむためのおでかけプランを提案するサービス「Holiday」の開発・運営を手掛けるホリデーがイベントを開催した。
「Holiday」はおすすめスポットの情報を簡潔にまとめられたり、写真やURLで情報を補完しながら投稿できるサービスで、iPhoneアプリからもおでかけプランの作成、投稿ができる(iOS7.0以上)。

■前半
クックパッドのくらしのきほんの松浦弥太郎さんとHolidayの谷さんによるトークセッション。
Holidayのサービスについてや、自分にとっておでかけとはと言った話が交わされた。
やはりこのサービスの魅力はみんなと共有できる事だと。
松浦さんによる、「横浜中華街で食べるなら、この六軒とここ一軒」「土曜日の朝に待ち合わせをして築地市場デート」のプランも紹介された。
谷さんはスポーツをするのも好きなようだった。



■後半
メインゲストの高橋真麻さんが登場。
司会の女性とトークを繰り広げた。
真麻さんの休日の過ごし方は、引きこもりがちにならないようにアクティブに過ごすそう。
最近では徳島、プール、麻布十番納涼祭りに出かけたという。
ちなみに夏休みは9月に取るとのこと。

真麻さんのからは2つのプランが発表された。
「忙しい彼に合わせた理想の新婚旅行プラン♡(国内編)」「お一人様を満喫っ♡オトナの休日おでかけプラン♪」が紹介された。
理想の新婚旅行プランは指宿などの鹿児島、オトナの休日おでかけプランは麻布界隈だった。

また、隠れ企画として、真麻さんのこれまで週刊誌に撮られた写真の場所12箇所のプランもオマケで出るという始末(笑)。
これには動じず懐かしがっていて、笑い飛ばすのはさすがだと思った。

初めて生で見た真麻さんは、テレビで見るより綺麗で驚いた。
こちらは写真撮影禁止だったので、開始前のイベント告知ディスプレイを公開する。




Holiday公式サイト
記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ