本の感想

「読書は「アウトプット」が99% その1冊にもっと「付加価値」をつける読み方」藤井孝一著 知的生きかた文庫

著者の藤井孝一氏は、経営コンサルタントである。
この書は全5章で構成されている。

本を読んで終わりにするのではなく、「話す」「書く」「行動する」といった読後にアウトプットをすることで、本が自分の血となり肉となることは本当にそうだと思う。
本を読んで満足しがちになるけれど、どう役立てるが大事になってくる。
普段の思考や行動に磨きをかける「アウトプット読書術」が自身の成長に繋がる方法であるのは頷ける。

本から学んだことをいつでも再生できるようにするには、アウトプットをし続けるしかなく、知識は循環させてこそ活きるというのも、これは訓練みたいなもので、鍛えていかないといけないだろう。

とはいえ、「その本に書かれた10%でも実践出来たら上出来」とも書かれており、少し気が楽になった。

読書メモについては好きなように書けばいいそうだ。

また著者は、感動を得られるのは圧倒的に文芸書であり、ビジネス書では知識どまりで、この両方を読むことで初めて、人間力のバランスがとれるのではないかと述べている。
そういえば自分は文芸書はあまり読まないので、これからは読もうかなという気になった。

最後に、本を読むときには話の要点を集約しながら読むということを意識すれば、インプットからアウトプットがスムーズにできるなと思った。


「時間革命 1秒もムダに生きるな」堀江貴文著 朝日新聞出版

この書は著者の堀江貴文氏が何よりも大切にしているもの「時間」だけをテーマにした書になる。

時間こそは、誰もが平等に手にできる、唯一の「資産」であり、「他人の時間」に振り回されている場合ではなく、すべては「自分の時間」を起点にするべきとはじめに述べている。

時間の質を上げる実際の「時間革命」については、次の6つのChapterで構成されている。

Chapter1 「他人の時間」を生きてはいけない
Chapter2 徹底的に「ムダ」な時間を殺せ
Chapter3 「常識や世間体」に時間を溶かすな
Chapter4 「夢中」が時間密度を濃くする
Chapter5 「健康」こそが最大の時間投資である
Chapter6 「将来を心配する」という究極のムダ

単に忙しさは充実感ではなく、余計なことを考える暇がないくらいに、自分の心が踊る予定だけで、時間をしっかりと埋め尽くし、無我夢中で動き回れたら確かに楽しい人生だろうなと思った。

スマホによって我々は時間を有効活用できるようになったからこそ、より「時間革命」を起こすチャンスだ。

時間を増やすうえでは、「シンプルに考える」ことが欠かせないというのはわかるし、スピード感を持てる。

すきま時間をうまく使うのも非常に大事だね。
あらかじめ「そこでやる作業」を明確に決めてしまうことだという。
5~10分の空いた時間をうまく活用していけば後で大きな違いとなって現れてくるだろう。

すぐ行動できる人とそうでない人の違いは「情報量」の差というのは思いつかなかった。
行動力などという得体の知れないものが、フットワークの良し悪しを決めているわけでなく、その人がどれだけの情報を持っているか、何をどれくらい知っているかによって、人間の行動量は規定されているのだそうだ。
「動き続けられる人」になりたければ、情報量を増やしさえすればいいというのは目から鱗だった。
また、単なるインプットで終わらせず、気になったニュースにひと事コメントを加えるなどのアウトプットもしていきたい。

「努力するな。ハマれ」という言葉は気がラクになったし、そのくらい何かに没頭したい。

「目に入った順に片づける」や「いま処理できることは、いま処理する」は、基本的なこととして心掛けたい。

睡眠時間はしっかり確保するのは健康や能率的にも同意である。

最後に、「現在」を生きることがやはり一番大事だと思った。

時間革命 1秒もムダに生きるな
堀江 貴文
朝日新聞出版
2019-09-20


「ゆるくても続く ~知の整理術」pha著 だいわ文庫

人気ブロガーであり、作家でもあるphaさんの勉強法が書かれた書になる。
どうせ学ぶなら楽しく学んだほうがいいので、自分が楽しめるやり方を習慣化できたら最高だろう。

この書は情報を整理するインプット術、頭を整理するアウトプット術、だるいを解消するモチベーションとスケジュールの技術といった3章で構成されている。
ほかに付録として、教養がつくマンガガイドとして、おすすめマンガ16選が紹介されている。

インプットではどう記憶を強めていくのか参考になった。
ただ目で文字を追うだけでなく、五感をフル活用するというのは、自分も含めてなかなか活用できてない人も多いのではないだろうか。

アウトプットでは、軽いアウトプット法としてネットを活用、重いアウトプット法として紙とノートを活用するという使い分けは面白い。

モチベーションのために時間を区切る方法は有効だと思った。
長い時間、集中力を保つのはなかなか人間難しいし、ハードルを下げ時間を細切れにして達成感を多く味わうほうが確かにベターだ。

phaさんは、ブログを書くことで思考や知識が増強されたと実感していて、自分のためにブログをやっているスタンスは自分も同意である。

最後にこの書を読んで一番印象的だった箇所を紹介しよう。

「言語化する」というのは、人間の持っている最も偉大な解決能力だ。

問題や課題を言語化するのはとても大事なことだと痛感している。



「iPhoneの凄い設定」舘神龍彦著 エイ出版社

この書は手帳評論家でデジアナリストでもある著者の舘神辰彦氏が、設定でiPhoneの使い勝手をよくするための方法を書いている。
iPhoneユーザーにとって快適なスマホライフを送るための108ものワザが盛り込まれている。

それぞれ説明文に加え、画面キャプチャーが出ているのでわかりやすいと思う。

内容は、アカウントを管理する、パソコンの情報をiPhoneでも使う設定、外部機器との設定、Siriの設定、操作性をアップさせる基本設定、文字入力の設定、カメラの設定、メールなどの便利設定、バッテリーの設定、セキュリティの設定、アプリ管理の設定、アプリの意外な活用ができる設定といったChapterに分かれる。

読み進めていくと、日頃から使用している設定のほかに、知らなかった新たな発見もある。

dポイントを便利に使う設定やdポイントをほかのサービスに割り当てる設定も記載されているのはうれしい。

ちなみに表紙には、この一冊でiPhone XR、XS、XS MAX、X、8、7、SE、6s、6、5s、5に対応と書いてある。




「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」染谷昌利著 インプレス

著者の染谷昌利氏は「ブログで飯を食う」ことを実現し、ブログで得た収益で妻子(とネコ)と暮らしている人である。
また、その経験や知識を元に、コンサルタントやセミナー講師としても働いている。
ブログで独立するまではサラリーマン生活を送っていたそうだ。

染谷氏のブレイクしたブログと言えば「Xperia非公式マニュアル」である。
2010年はAndroidのスマートフォンが出たての頃で、世間は思っている以上にスマホの情報を必要としていると驚いたという。

本書で紹介されているブログで飯を食う種として、アフィリエイトとアドセンスが挙げられている。
実際にブログをやっている人にとっては実践している人も多いだろう。
客は自分が納得するところで買い、商品は自腹を切るからこそ価値ある文章になり、信用されるということはまず頭に入れておきたい。

ブログの初期・基本編として、ブログを書くときは第三者の読者を意識し、最初は続けることが大事で継続は必ず力になることを力説している。

ブログの運用編として、1日は誰しもが24時間なので時間捻出術を身につけること。
ネタに困ったら見方を変えて、そのことが大きな可能性を秘めているという。

ブログの応用編として、人とは違う自分のマニアックさを出し、それは文章以外の方法もアリだというのは工夫のしがいがある。
根底にある考え方を鍛え、大事なのはセンスではなく努力であるといい、自分で考える力を鍛えなければと思った。

最後に本書でも触れられていたが、変化に対応することが大事なのはブログを運営しているとよくわかる。
また、自分の経験や知識は誰かが必要としてくれていると信じて、今後もブログを続けていきたいと思った。

ブログ飯 個性を収入に変える生き方
染谷 昌利
インプレス
2013-06-21


記事検索
スポンサーリンク





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ