イベントレポート

「F・Marinos Welcome Dayトークショー」松原健選手・山根陸選手@ららぽーと横浜

F・Marinos Welcome Dayトークショー

■イベント名:F・Marinos Welcome Dayトークショー
■場所:三井ショッピングパーク ららぽーと横浜 セントラルガーデン KiLaLa
■日時:2023年5月9日(火曜)17時~
■出演:横浜F・マリノス 松原健選手と山根陸選手
■MC:中願寺香織さん

当日10時から先着50名にプレゼント抽選権付きトークショー座席整理券が配布された。

マリノス大好きフリーアナウンサーの中願寺さんの進行のもとトークショーは始まった。
中願寺さん「大きな拍手でお迎えください。それではご紹介しましょう。横浜F・マリノス松原健選手と山根陸選手です。どうぞ」
マリノスサポーターの熱い拍手に迎えられて2人が登場。

中願寺さん「改めまして、松原健選手そして山根陸選手です。よろしくお願いいたします」
松原選手「よろしくお願いします」
山根選手「お願いします」
中願寺さん「なんか、せっかくなんで自己紹介的な感じをしていただこうかしら」
松原選手「はい。ご存知の通り横浜F・マリノス27番の松原健です。よろしくお願いします」
山根選手「横浜F・マリノス28番山根陸です。トークショー初めてなので楽しんでいきたいと思います」

2人は「初出航ユニ」を着ていて、これは5月28日(日曜)のアビスパ福岡戦での「ユニ付きチケット」として、初めて観戦する人でもスタジアムで一体となって盛り上がるのに最適なスペシャルなユニが、観戦チケットに付いてくる企画になる。

ららぽーと横浜には山根選手は初めて来たそうで「きれいでおしゃれ」だと。
松原選手は、たまに家族で来るそうだ。
ほかにもスタジアムでの初観戦の思い出話やマリノスの選手は仲がいい話や右サイドバックの話など軽快なトークが繰り広げられた。
興味深かったのがマリノスの公式アンセムについてで、松原選手は集中力が増すと言うし、山根選手も気持ちが引き締まると。
中願寺さんも「これから戦うぞー!」とスタジアムの一体感が出ると言うのは同意で気持ちが高まる。

整理券を持つ50名とのじゃんけんによるプレゼント抽選会も大盛り上がりだった。
松原選手の「僕、グーかチョキかパー出します」というボケに、山根選手が「じゃんけんです。それが」とナイスツッコミする場面もあった(笑)。

最後は2人からサポーターにメッセージ。

松原選手「今日は短い時間でしたけど、こうやってたくさんの方に集まっていただいて本当にうれしいです。僕たちは去年優勝しましたけど、常にチャレンジャーの気持ちで毎試合毎試合戦っていくので皆さんの声援とともに一緒に勝ち点3をとって喜びを分かち合いたいと思います。今日はありがとうございました」

山根選手「今日は本当にありがとうございました。初めてでちょっと緊張してたんですけど、すごく楽しかったです。まだまだ戦いは続きますけど、変わらぬ声援をお願いします。そして怪我治します。あとは代表の祝的なやつをありがとうございます。頑張ってきます!ワールドカップ。ありがとうございました」

横浜F・マリノス 2022J1リーグ優勝報告会@横浜赤レンガ倉庫イベント広場

横浜F・マリノス 2022J1リーグ優勝報告会@横浜赤レンガ倉庫

2022明治安田生命J1リーグで優勝した横浜F・マリノスが11月13日、横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて優勝報告会を開催した。
多くのマリノスファン・サポーターたちが駆けつけた。
私の場合は、みなとみらい線馬車道駅から向かい、徒歩6分程で着いた。

横浜F・マリノス 2022J1リーグ優勝報告会@横浜赤レンガ倉庫2

優勝報告会は14時から開始となっており、柵で参加者エリアを囲んでいた。

進行役は小山愛理さんと栗原勇蔵クラブシップキャプテン。
時間になると、マスコットのマリノス君とマリノスケとマリンちゃんも迎える中、選手やスタッフが入場。
喜田拓也キャプテンが持つシャーレが輝いている。

まず11月末で退任される黒沢良二社長の温かみのあるスピーチは良かった。
そして喜田拓也キャプテンのスピーチは相変わらず素晴らしくて誇らしい。
ホームタウンを代表して横浜市山中市長のスピーチもあった。

その後2組に分かれてのインタビューとなった。

ノリノリでチャントを歌う宮市亮選手。
西村拓真選手の趣味はプール。
優勝してから髪を染めてパーマをかけ永戸選手を意識したという新しい髪型の角田涼太朗選手。
ヤン マテウス選手の通訳をなぜか振られる渡辺皓太選手もよく頑張った。
2022JリーグアウォーズでMVPを獲得した岩田智輝選手には、本番前にスピーチの練習をよくした話があり、本番に強いことがわかった。
イベント広場は港に面しているため、ちょうど松原健選手の番になると汽笛が3回鳴り、会場は笑いに包まれていた。
一年間節制をして体重とかを気にしながら頑張ってきたのは永戸勝也選手。
高丘陽平選手がベストイレブンを取ったことに対して、松永成立(シゲさん)GKコーチは「僕と哲(榎本哲也アシスタントGKコーチ)のおかげ」と言い切っていた。
また、シゲさんの真似をしたのに気づかれない西村拓真選手。
最後は水沼宏太副キャプテンが締めてイベントは終了した。

何とか天気も持ってくれてよかった。

イベントに参加してマリノスが優勝した喜びをみんなと分かち合えて楽しかった。


トリコロールマーメイズのたまプラーザテラスでのステージで元気のビタミンをもらう

トリコロールマーメイズのたまプラーザテラスステージ

横浜F・マリノス公式チアリーディングチームのトリコロールマーメイズのステージをたまプラーザテラスで見てきた。
11月3日・4日は横浜F・マリノスデーというイベントが組まれ、その一環になる。

トリコロールマーメイズは文化の日である3日に12:40〜と14:40〜の2ステージがあり、私は14:40〜の部に参加。
はじめの挨拶では、昨日のアウェイ鳥栖戦で2対1でマリノスが勝利したことが話され、勢いづく。
この日のトリコロールマーメイズは7人で、日頃よく鍛えられているせいか足がよく上がる。
感心させられた。

途中、簡単な振りを集まっていた観客たちと一緒に行うシーンもあり盛り上がった。
実はステージが始まる前には小さな子どもたちとポンポンを作るワークショップも開かれ、そのお披露目の場面でもあった。

元気のビタミンという言葉があるなら、トリコロールマーメイズのステージパフォーマンスはまさにそうである。
日頃のサッカースタジアムより近い距離ということもあり、テンション上がった。

最後、エレベーターという技もお見事だった。

ゴリミー×日本ポステック「楽しく書いて読者に伝わるレビューの書き方」イベント@渋谷

ゴリミー式レビュー記事攻略法

■イベント名:ゴリミー×日本ポステック「楽しく書いて読者に伝わるレビューの書き方」
■日時:2019年6月21日(金曜)19:00~21:00
■場所:XIMERA(キメラ)オフィス内イベントスペース(渋谷区道玄坂2丁目)
■講演:g.O.R.iさん
■進行:坂田愛さん(日本ポステック広報)
■実施内容:トーク、質疑応答

会場はソファー席があってくつろげるアットホームな雰囲気の中、イベントは始まった。

レビュー記事の目的も様々
・自分も愛用している良い商品だからみんなに知ってほしい
・自分では使わないけど良い商品だから紹介したい
・自分で使ってみてイマイチな商品だから購入を検討している人に忠告したい

レビュー記事を公開するまでの流れ
1. 製品を試す
2. 製品の仕様を確認する
3. 自分の思う製品の魅力をピックアップする
4. 読者に伝えたい魅力を選定する
5. 写真や動画撮影、記事作成
6. 少し時間を置き、目的に沿っているかを確認する

記事を書く上で注意したい4つのこと
・読者に対して誠実に
・こだわる
・立場を明確にする
・表示を確認する

目的に合致した最適な構成を考えよう
記事の主な流入先を予想する
・検索される記事
・SNSでシェアされる記事
・特定のジャンルやクラスタに刺さる記事
・特定のニーズや悩みを解決する記事

記事の熱量に合わせて書き方を変える
・商品が大好きすぎる→読了率を意識
・情報として伝えたい→簡潔に、わかりやすく
・イマイチな商品を忠告したい→理由を明確に

知っておくと便利なテクニック
・離脱することを前提で商品リンクを用意すると良い
・基本的に広告を挟むとコンバーション率は下がりやすい
・写真は商品単体だけではなく人物が入るとリアリティが出て良い
・類似商品、競合商品と比較すると親切
・GIFアニメを活用すると写真では伝わらない情報も伝わりやすい
・リピーターを増やすためにはサイトの見た目も大事

レビュー記事を書き続けると・・・
・勝手に商品が売れるように
・メーカーから商品提供してもらい、先行して商品をレビューできるように
・記事広告を受注することができるように

レビューは誰のために書くのか
読んで欲しい人のために
読んで欲しい人が役立つように
心を込めて書こう

<感想>
g.O.R.iさんがレビューに対して熱量だけでなく、目的を明確にし、しっかりと時間を確保した上で、写真撮影も含めて丁寧にレビューされているのがよくわかった。
自分が何に重点を置いているのか、こだわりを持つことの大事さもあらためて実感した。
g.O.R.iさんとは質疑応答はもちろんのこと、名刺交換の時にも色々と話をさせてもらい、温和で誠実な人柄を感じた次第である。

JPTブースター

なお、最後に主宰者の日本ポステックによるJPTブースターの紹介もあった。

森口博子「ビナウォークミュージックディライト 17周年SP」



日時:2019年5月18日16時00分~
会場:ビナウォーク海老名5番館1Fビナステップ
出演:森口博子

ビナウォークミュージックディライト 17周年SP

【セットリスト】
夢がMORI MORI
上を向いて歩こう
水の星へ愛をこめて
ETERNAL WIND 2015 Ver.
鳥籠の少年

終了後シングル「鳥籠の少年」を購入し参加券をもらって握手会に参加。
ポストカードも本人から手渡しでもらう。

森口博子さんのきれいな歌声と面白いトークに元気もらった。
NHK BSプレミアム「全ガンダム大投票 40th」のあなたの好きなガンダムソングスで、「機動戦士Zガンダム」のテーマソングとなったデビュー曲「水の星へ愛をこめて」が1位になったのはあらためてすごいことだと思った。
記事検索
AD





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
読者登録
Inoreaderで購読する
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー
好きな食べもの:コロッケ

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)、iPhone 11 64GB(ホワイト)、iPhone 12 128GB(ホワイト)、arrows Be4 Plus F-41B(ブラック)、AQUOS wish2 SH-51C(ブルー)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab Compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ
メッセージ