ドコモの料金プラン

ドコモが新料金プラン「ドコモポイ活プラン」を提供、第一弾は「ahamo ポイ活」を4月1日から

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、決済手段の利用状況に応じてさらにdポイント(期間・用途限定)がたまる新料金プラン「ドコモポイ活プラン」の提供を2024年4月1日(月曜)から順次開始することを発表している。

「ドコモポイ活プラン」では「ahamo ポイ活」と「eximo ポイ活」の2つを提供予定。
第一弾となる「ahamo ポイ活」は2024年4月1日(月曜)から提供を開始し、2024年3月22日(金曜)10時から事前予約を開始する。
第二弾となる「eximo ポイ活」は2024年夏から秋に提供開始予定。

「ahamo ポイ活」は、「ahamo大盛り」を利用のユーザーが、月額2,200円(税込)の「ポイ活オプション」を追加することで利用できる。
「ahamo ポイ活」を利用することで、「d払い」を利用の際、基本の還元ポイントに加えて支払金額の3%分のdポイント(期間・用途限定)を、「ahamo ポイ活」の利用特典として還元する。

2024年8月頃からは、「dカード GOLD」を持っていて月々の支払いを「dカード GOLD」に設定している場合に、支払金額の5%分のdポイント(期間・用途限定)を、「ahamo ポイ活」の利用特典として還元する予定。

なお、「ahamo ポイ活」でのdポイント(期間・用途限定)進呈上限は、毎月4,000ポイントになる。

※ 対象決済で支払いした金額に対して、還元率を乗じて算出されたポイント数を進呈する(小数点第1位以下は切り捨て)。ただし、100円(税込)未満の決済は特典進呈の対象外となる。
※ 対象決済の翌月中旬頃にdポイント(期間・用途限定)を進呈し、有効期限は進呈日から93日間となる。

■「ahamo ポイ活」月々の利用イメージ
「10%還元キャンペーン」を適用して「d払い」で月に40,000円の買い物をし、最大還元額の4,000ポイント/月を毎月の利用料金に充当した場合、月々100GBのデータ容量が実質2,750円(税込)で利用可能。

ahamo ポイ活、月々の利用イメージ

また、「ahamo ポイ活」の提供開始にあわせた「10%還元キャンペーン」を2024年4月1日(月曜)から開催する。

本キャンペーンは「ahamo ポイ活」を利用のすべてのユーザーが、エントリー不要で「ahamo ポイ活」のdポイント還元率が10%なるキャンペーン。
「ahamo ポイ活」および「10%還元キャンペーン」を最大限に活用して、「d払い」で月に40,000円(税込)以上の買い物をすることで、月々100GBまで利用できる「ahamo大盛り」が実質2,750円(税込)で利用できるようになる。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2024/03/21_00.html

ドコモ、「mopera U(Uライトプラン・Uスーパーライトプラン)」「ビジネスmoperaインターネット/テレメトリ」の提供を2026年3月末で終了

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、モバイルISPサービス「mopera U」のFOMA向けプランである「Uライトプラン・Uスーパーライトプラン」、および法人向けISPサービス「ビジネスmoperaインターネット」、「ビジネスmoperaテレメトリ」の提供を、2026年3月31日(火曜)に終了することを発表している。

FOMAサービスの終了(2026年3月31日)、および後継サービスの提供開始に伴い、終了することになったという。

■今後のスケジュール
・「mopera U(Uライトプラン・Uスーパーライトプラン)」
 2024年3月31日(日曜) 新規申込み受付終了
 2026年3月31日(火曜) 本サービスの提供終了
※ 「Uライトプラン」は、衛星電話サービス「ワイドスターⅡ」を契約の場合は継続して契約可能。

・「ビジネスmoperaインターネット」
 2024年3月31日(日曜) 新規申込み受付終了
 2026年3月31日(火曜) 本サービスの提供終了

・「ビジネスmoperaテレメトリ」
 2026年3月31日(火曜) 本サービスの提供終了
※ 「ビジネスmoperaテレメトリ」は、2020年3月31日をもって新規申込み受付を終了している。

なお、各サービスの移行先は以下を参考に、サービス終了前に他のISPサービスなどへ変更するよう呼び掛けている。
mopera U(Uライトプラン・Uスーパーライトプラン)、ビジネスmoperaインターネット/テレメトリの移行先


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2023/11/30_00.html

ドコモ、「上限設定オプション」に料金プラン「eximo」も12月1日より対応

本日付けNTTドコモ公式サイトのドコモからのお知らせによると、ドコモは、「5Gギガライト」「ギガライト」に対応している「ギガプラン上限設定オプション」を「上限設定オプション」に2023年12月1日(金曜)より名称変更する。
また、料金プラン「eximo」も「上限設定オプション」に対応する。

「上限設定オプション」は、「eximo」「5Gギガライト」「ギガライト」の好きなステップで速度制限をかけることが可能。
毎月の利用料金の節約や、子どものスマホの使いすぎを防ぐことができるので、あんしんして「eximo」を利用できる。

※ 上限設定を超える通信が発生した際に、自動で速度制限がかかる。
速度制限時の通信速度は、「eximo」の場合、送受信最大300kbps、「5Gギガライト」「ギガライト」の場合、送受信最大128kbpsとなる。
※ 「ギガライト」は、2019年10月1日以降に契約したユーザーが対象。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/notice/page/231031_00.html

ドコモ、2台目機種とデータ容量をシェアできる料金プラン「データプラス」において「ahamo」をペア回線に追加

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、現在提供中の、タブレット・ルーターなどの2台目機種とデータ容量をシェアできる料金プラン「データプラス」において、2023年10月12日(木曜)から「ahamo」をペアとなる回線に追加することを発表している。

新規受付中の「5Gデータプラス」「データプラス2」、および新規受付を終了している「データプラス(2019年9月30日以前に申込み)」において、「ahamo」とペア設定が可能となる。

「データプラス」は、契約中のデータ容量を、タブレット・ルーターなどの2台目機種とシェアして利用できる、月額1,100円(税込)の料金プラン。
これまでの「データプラス」は「eximo」で2台目機種とデータ容量をシェアすることが可能だったが、2023年10月12日(木曜)以降は「ahamo」でもシェアが可能になる。

たとえば、スマートフォンとタブレットの2台を持つ場合、「ahamo」のデータ容量20GBを2台で無駄なくシェアすることが可能。

ペアとなる回線は、すでに新規受付を終了している「5Gギガホ プレミア」「5Gギガホ」「5Gギガライト」「ギガホ プレミア」「ギガホ」「ギガライト」「ギガホ(2019年9月30日以前に申込み)」「ギガライト(2019年9月30日以前に申込み)」も対象となる。

「ahamo」における「データプラス」の概要は以下の通り。

■月額料金など
月額料金:1,100円(税込)
※ 別途ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料がかかる。
※ 「データプラス(2019年9月30日以前に申込み)」の定期契約なしプランで「ahamo」とペア設定を行う場合は、月額2,750円(税込)となる。

利用可能データ容量:ペアとなる「ahamo」の利用可能データ容量から利用
※ ペアとなる回線で大盛りオプションを契約の場合、「データプラス」での利用可能データ容量は30GBとなる。

利用可能データ容量超過後速度:送受信時最大1Mbps

■海外での利用について
・海外91の国々・地域において、申込不要で追加料金なく利用することができる。ただし、大盛りオプションを契約の場合、海外での月間利用可能データ量は、「ahamo」と「データプラス」合算で20GBとなる。
・15日を超えて長期間海外で利用する場合は、通信速度が送受信時最大128kbpsに制限される。

■その他
・「データプラス」は、同一の契約名義において「eximo」や「ahamo」などの契約回線がある場合のみ申込み可能。「データプラス」単独の契約はできない。
・「ahamo」1回線につき「データプラス」1回線の申込みが可能。また、ペアとなる回線を指定するためのペア設定が必要。
・「ahamo」をペアとする場合、個人のみ契約可能。また、契約にはdアカウントが必須になる。
・2台目の機種が5G対応機種の場合は「5Gデータプラス」、4G対応機種の場合は「データプラス」を利用のこと。
・「データプラス」利用者が、ペア回線を「eximo」から「ahamo」に変更した場合でも、手続き不要で引き続き「データプラス」を利用できる。

ドコモ、三段階制の新料金プラン「eximo」を7月1日に提供開始

本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、データ利用量が少ないユーザーから、外出先での動画視聴などデータ利用量を気にせず無制限で使いたいユーザーまで、多様なニーズに応える新料金プラン「eximo(エクシモ)」を2023年7月1日(土曜)に提供開始することを発表している。

eximo

「eximo」は、月間利用可能データ量1GBまでは4,565円/月、1GB超から3GBまでは5,665円/月、3GB超は7,315円/月の三段階制の料金プラン。
「dカードお支払割」(▲187円/月)、「みんなドコモ割」(最大▲1,100円/月)、「『ドコモ光セット割』または『home 5G セット割』」(▲1,100円/月)の適用で、1GBまでは2,178円/月、1GB超から3GBまでは3,278円/月、3GB超は4,928円/月で利用できる。
その他、「ファミリー割引」の契約で家族間での国内通話が無料となり、家族でお得に利用できるプランになっている。

また、全国2,142店舗(2023年6月20日現在)のドコモショップ店頭でサポートを受けられるため、スマートフォンの利用に不安があるユーザーも、安心して使える。

「eximo」では、これまで好評を得ている「ファミリー割引」や店頭サポートに加え、「爆アゲ セレクション」の提供など、スマートフォンの魅力を高める価値を提供していくという。

なお、「eximo」の提供開始に伴い、「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」「5Gギガライト」「ギガライト」は、2023年6月30日(金曜)をもって新規受付を終了する。

「eximo」というネーミングには、「お客さまの期待をエクシードする(exceed:超える)スペックで、あらゆるニーズに応える」「料金、サポートなどあらゆる面において上質なcustomer experience(顧客体験)を提供する」ドコモを表現している。

■料金イメージ
月間のデータ利用量に応じて三段階に月額料金が変わる料金プランになる。

「eximo」料金イメージ

■提供内容
「eximo」月額料金など(個人/法人共通)

「eximo」音声オプション・割引など

「eximo」ドコモショップ店頭サポート

「eximo」特典

※ 表示金額はすべて税込。


参照URL https://www.docomo.ne.jp/info/news_release/2023/06/20_01.html
記事検索
AD





ランキング
スマートフォン・携帯電話ランキング
運営者情報
ハンドルネーム:ラテ(@mobamemo
性別:男性
血液型:O型
現住所:神奈川県
携帯:ドコモユーザー

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。
所有端末
■ docomo モデル
◆ 音声端末
P205 HYPER(ブラック)、N211i(シルバースノー)、SH252i(カクテルシルバー)、SH700i(ホワイト)、SH700iS(クールホワイト)、SH702iS(ホワイト)、SH705i(ホワイト)、SH-02A(アイスホワイト)、SH-05A(ブラック)、Xperia SO-01B(ルスターホワイト)、GALAXY Tab SC-01C(シックホワイト)、SH-11C(ブラック)、Xperia acro SO-02C(ホワイト)、GALAXY Tab 7.0 Plus SCー02D(ピュアホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-02E(ホワイト)、AQUOS PAD SH-08E(ホワイト)、AQUOS PHONE ZETA SH-01F(ホワイト)、N-01F(ホワイト)、iPhone 6 16GB(シルバー)、iPhone 7 32GB(シルバー)、iPhone XR 64GB(ホワイト)、iPhone 11 64GB(ホワイト)、iPhone 12 128GB(ホワイト)、arrows Be4 Plus F-41B(ブラック)、AQUOS wish2 SH-51C(ブルー)

◆ データ端末
P-in comp@ct(カラーブラウザボード)、P-in Free 1S(@FreeD)、A2502 HIGH-SPEED、N2502 HIGH-SPEED、GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E(ライトシルバー)、GALAXY Tab S 8.4 SC-03G(チタニウムブロンズ)、dtab Compact d-02H(シルバー)、dtab Compact d-01J(シルバー)、dtab Compact d-42A(ゴールド)

■ Wi-Fi モデル
Apple iPod touch 第5世代 16GB MGG52J/A(シルバー)、Apple iPad mini 4 16GB MK6L2J/A(ゴールド)、Apple iPad mini 第5世代 64GB MUQX2J/A(シルバー)
月別アーカイブ
メッセージ