5月19日付けのカプコン公式サイトのプレスリリースによると、カプコンの人気シリーズ「ストリートファイター」を活用した国内最高峰のeスポーツリーグ「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」を2021年10月より開催することを発表している。

今回、第4シーズンとなる「ストリートファイターリーグ: Pro-JP 2021」は、企業8社がオリジナルチームを編成してリーグへ参画するチームオーナー制を導入し、規模も従来の6チームから8チームへと拡大して開催する。

全56試合に渡る激闘の様子は、全試合オンラインライブ中継され、選手や全国の視聴者と同時に熱気や感動を共有できる。

さらに本大会では、NTTドコモとの共同開催が決定した。
高速大容量低遅延を実現する5Gなどドコモの先進技術によるサポートを受けることで、eスポーツの新たな環境づくりを目指していくという。


参照URL https://www.capcom.co.jp/ir/news/html/210519.html