本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは新商品ラインアップとして、5G対応スマートフォン1機種、4G対応スマートフォン2機種、5G対応データ通信製品1機種、5G対応ホームルーター1機種に加えて「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B」の東京2020オリンピック記念モデル1機種の計6機種を開発し、2021年5月28日(金曜)から順次発売することを発表している。
これにより2021夏モデルは発表済みの5機種を含めて、全11機種となる。

ドコモ2021年夏の新機種

新商品の発売時期と特長は以下の通り。

■5G対応スタンダードモデル
Galaxy A52 5G SC-53B 6月上旬以降発売
・約6400万画素カメラで、写真を高精細に撮れる。マクロ、超広角、背景ぼかしもできる。
・4500mAhのバッテリーと5Gで、動画やゲームも長時間、快適に楽しめる。
・約6.5インチのディスプレイとステレオスピーカーで、迫力ある映像を楽しめる。

■4G対応スタンダードモデル
Xperia Ace II SO-41B 5月28日発売
・コンパクトなボディでも、フレームいっぱいに広がるディスプレイで画面が大きく見える。
・4500mAhバッテリーで1日お出かけしても電池切れの心配なくあんしん。3年間使っても劣化しにくい。
・自動で撮影シーンや環境を判断するので、カメラにおまかせするだけで「人物」も「料理」もきれいに撮影できる。

arrows Be4 Plus F-41B 5月28日発売
・抗菌ボディでアルコール除菌に対応。汚れても洗えて、いつでも清潔に保てる。
・はじめてのスマートフォンでもシンプルモードと使い方ガイドブックの活用で使い方がわかりやすい。
・耐衝撃設計で画面割れに強い。

■5G対応データ通信製品
Wi-Fi STATION SH-52B 8月下旬以降発売
・受信時最大4.2Gbps。モバイル性を重視した手のひらサイズの5Gルーター。
・4000mAhの大容量バッテリーで長時間利用可能。
・Wi-Fiや有線LANなどの搭載により、利用シーンに合わせた接続が可能。

■「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B」の提供

Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B

「Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B」は、ハイスペックモデルである「Galaxy S21 5G SC-51B」の機能はそのまま、背面デザインや壁紙を特別仕様にした東京2020オリンピック記念モデルで、ドコモだけが販売する(6月上旬以降発売)。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/05/19_00.html