本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(東北)によると、仙台市とNTTドコモ東北支社は、2021年4月23日(金曜)に、仙台市がめざすまちの姿「:D-Sendai デジタルで みんなワクワク スマートシティ」 の実現に向けて、仙台市内のデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進することを目的とした覚書を締結した。

仙台市は、「まちのデジタル化」と「行政のデジタル化」の2つの視点から仙台市内のDXを積極的に推進し、「:D-Sendai デジタルで みんなワクワク スマートシティ」の実現をめざしている。

NTTドコモは、2016年8月29日(月曜)に「仙台市及びNTTドコモによるICTを活用したまちづくりに関する連携協定」を締結しており、本協定における新たな連携事項として、5G・IoT・AI等の先進技術および各種ICTツール・サービス等を活用して仙台市のDX推進に取り組んでいく。

■連携・協力事項
1. 窓口手続きのデジタル化に関すること
2. デジタルデバイド対策に関すること
3. テレワーク推進に関すること
4. オープンデータの推進による地域の特性や課題に応じた経済活性化に関すること
5. 5G・IoT・AI等の先進技術の活用推進に関すること
6. その他、デジタル・トランスフォーメーション(DX)推進に関すること