本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、オンライン診療を起点とした、ヘルスケア・メディカル領域における一気通貫サービスの提供をめざし、メドレー(本社:東京都港区六本木)との資本・業務提携について、2021年4月26日(月曜)に合意したことを発表している。

■資本提携の概要
ドコモは、メドレー社が第三者割当増資により発行する普通株式933,100株を取得
(本増資実施後の持株比率2.93%を保有)

■業務提携の概要
①オンライン診療の発展に向けたオンライン診療アプリの共同運営
ドコモおよびメドレー社は、オンライン診療の更なる発展に向けてオンライン診療アプリの共同運営に取り組んでいく。
ドコモが有する会員基盤や多様なサービスの運営力に加え、医療機関シェア1位のオンライン診療システムを有しているメドレー社と共にオンライン診療の適切な普及を推進する。

②付加価値の高い医療ヘルスケアサービスの提供
ドコモの「dヘルスケア」や「おくすり手帳Link」などのサービスを提供してきた実績と、メドレー社のオンライン診療など医療ICTの分野での経験や実績を持ちよることで、新たなヘルスケア・メディカル領域のサービスを創出し、これまでにない新たな価値の提供に挑戦していく。

ヘルスケア・メディカル領域におけるDXの実現


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/04/26_00.html