4月16日付けの東京都公式サイトの報道発表によると、主税局では、都税の納付に対する納税者のさらなる利便性向上及び都内のキャッシュレス決済の普及促進を図るため、2020年6月から、スマートフォン決済アプリ収納を導入しており、これまで利用可能なPayPay、LINE Payに加え、2021年5月6日(木曜)から新たに、au PAY、d払い、J-Coin Pay、PayB、モバイルレジに対応することを発表している。

都税納付スマートフォン決済アプリ

d払い請求書払い、J-Coin Payでの税金の支払いについては、全国初導入となる。

スマートフォン決済アプリの請求書の支払いサービスを使用して、納付書のバーコードを読み取ることにより納付することができる。

■対象税目
自動車税種別割、固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産)(23区内)、不動産取得税、個人事業税等
※ 納付書一枚あたりの合計金額が30万円まで(au PAYの場合一枚あたりの合計金額が25万円まで)の納付書(バーコード印字があるもの)に限る。


参照URL https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2021/04/16/07.html