本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、対話型AIサービスに実在の人物や架空のキャラクターのような受け答えを可能にする「キャラクタ雑談技術」を開発したことを発表している。

本技術を使用したスマートフォン・タブレット向けアプリ「携帯人間AIジミー」を、ラフ&ピース マザー(LPM)が2021年3月20日(土曜)から提供開始する。

本技術は、あらゆる対話型AIサービスに様々なキャラクタ性を付与することができる技術になる。
再現したい人やキャラクターの対話データ(質問、応答)を学習することで、まるでその人やキャラクターと会話しているような高精度な対話型AIを作成可能。

従来の対話型AIでは対話のルールを作成する方法が一般的だったが、本技術ではキャラクターの対話データを用意するだけで、ユーザーの入力に応じた適切な応答を出力することが可能となる。

さらに、ドコモが提供する対話型AIサービス「ドコモAIエージェントAPI」と組み合わせることで、音声認識・音声合成による音声対話を実現することができる。

■本技術を使用したAIのイメージ
キャラクタ雑談技術を使用したAIのイメージ

本技術を初めて活用した商用サービスであるAIジミーは、LPMが提供する教育系コンテンツ配信サービス「ラフ&ピース マザー」のコンテンツの1つで、ユーザーは人気お笑い芸人のジミー大西さんを再現したAIとの対話を楽しめる。
App store、Google playより「ラフ&ピ―ス マザー」アプリをダウンロードすることにより利用できる。
料金は無料(App内・WEB課金あり)。
※ 一部サブスプリクション。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/03/15_00.html