3月9日付けの森ビル公式サイトのニュースリリースによると、森ビルとNTTドコモは、森ビルが管理・運営する「お台場ヴィーナスフォート」(東京都江東区青海)において、ARクラウドおよびデジタルツイン技術を活用した、リアル空間とデジタル情報を融合させる実証実験を、2021年3月12日(金曜)~14日(日曜)に実施することを発表している。

本実証実験は、都市づくりを通じて都市とライフスタイルの未来を模索する森ビルと、ARや5Gを活用して新たな価値の創出や社会課題の解決をめざすドコモの、より便利で豊かな都市生活を実現したいという想いが合致したことにより、実施することとなった。

本実証実験では、ドコモが開発を進めるARクラウド技術およびARクラウド用のコンテンツ作成を簡易化するための開発ツール(開発協力:ホロラボ)を用いて、現実空間のデジタルツインを構築し、現実の景観とデジタル情報を融合させた新たな体験価値を創出する。

体験者はウェアラブルデバイス「Magic Leap1」やタブレットを介して、現実世界の景観の中に浮かび上がる街の情報、周辺の交通機関の情報、バーチャル広告やクーポンなど、最適な場所で、最適な情報を、リアルタイムに受け取ることが可能となる。

また、天使などのキャラクターが現実空間の各スポットで登場するゲーム的要素を組み込み、エンターテイメント性を加えることで、現実世界だけでは得られない、ユニークで楽しい体験が可能となる。

森ビルとドコモ、リアル空間とデジタル情報を融合させる実証実験

今後、本技術をさらに進化させていくことで、より便利でより豊かな都市空間の創出が期待できる。


参照URL https://www.mori.co.jp/company/press/release/2021/03/20210309150000004145.html