本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(東海)によると、静岡銀行とNTTドコモ東海支社は、「災害発生時のサービス提供に関する協定」を2021年3月11日(木曜)に締結したことをお知らせしている。

本協定の締結により、両社では、災害に備えて平時から協力関係を構築するとともに、災害発生時には、相互が持つ設備や機器、施設などを有効に活用する。
具体的には、災害発生時に静岡銀行本部の敷地をドコモの災害復旧活動の拠点として活用し、通信等の迅速かつ的確な復旧に取組む。

また、静岡銀行の静岡県内店10店舗および本部に、災害時に使用できる「携帯電話用充電器(マルチチャージャー)」を配備し、携帯電話無料充電サービスを提供する。

静岡銀行とドコモでは、災害時の情報収集・連絡手段となる携帯電話の電源確保を行うことで、被災地域や帰宅困難者等の支援を図るなど、今後も災害対策に協力して取組む方針だ。

静岡銀行は、静岡市葵区に本店を置く地方銀行である。

■静岡銀行の携帯電話用充電器(マルチチャージャー)配備場所
東部地区:富士支店、三島支店、御殿場支店
中部地区:本部、登呂支店、清水中央支店、藤枝駅支店
西部地区:掛川支店、浜松中央支店、葵町支店、浜北支店

■携帯電話用充電器(マルチチャージャー)製品特徴
<外観
マルチチャージャー

・スマートフォンやタブレット、折りたたみ携帯電話など最大10台の機器を同時に充電可能。小型軽量であり、災害時に運び出して、速やかなサービスを行うことができる。

・充電可能な携帯電話は、AndroidやiPhoneなどをはじめとして、第3世代から第5世代までの現行の携帯電話のほとんどを充電することができる。また、ドコモ以外の携帯電話にも対応しており、災害時に多くの人への提供が可能。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/tokai/page/210311_00.html