本日付けのヤフー公式サイトのプレスリリースによると、ヤフー(Yahoo! JAPAN)が運営する「Yahoo!メール」アプリ(iOS版、Android版)は、メールによるなりすまし被害を防ぐため、なりすまし対策がされている安全なメールに色が付く「ブランドカラー」機能の提供を開始したことを発表している。

悪意のある第三者が、実在する企業や団体を装いメールを送信する「なりすましメール」は、ウイルスに感染するファイルの送信や、偽サイトへのアクセスにより個人情報を抜き取るフィッシング詐欺の要因の一つとして大きな社会問題になっている。

これらの問題を受け「Yahoo!メール」アプリを利用するユーザーが安全に安心してメールを閲覧できることを目的とし、「ブランドカラー」機能の提供を開始した。

■ブランドカラー機能
Yahoo!メール、ブランドカラー機能

本機能は、「Yahoo!メール」が送信ドメイン認証を確認した一部のドメインから受信したメールの送信者アイコンに色が付く機能。
これにより、ユーザーは「ブランドカラー」に対応したドメインからのメールを安心して開封し、確認できる。
送信者アイコンに色が付くのは、なりすましメール対策がされている約50の企業ドメインになり、順次拡大予定。

■認証情報の確認画面
Yahoo!メール、認証情報の確認画面

また、ユーザーが受信したメールの、認証情報を簡単に確認できる機能の提供も併せて開始する。
本機能によりユーザーは受信したメールが正しく認証されたかどうかを確認できる。
なお、正しい認証が確認できない場合、注意をうながすメッセージが表示される。

これらの取り組みにより、ユーザーは安心して「Yahoo!メール」アプリを利用でき、また送信者アイコンに色が付くことでメール一覧画面での送信元の視認性が高まる。


参照URL https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2021/03/08a/