2月15日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(中国)によると、瀬戸内市と5G通信等の最新技術による歴史文化資源の活用について共同研究を進めているNTTドコモ中国支社、VR動画の制作・配信を手掛ける360Channelが連携し、刀鍛冶や砥師、鞘師など刀剣製作に関わる職人のVR動画を制作し、有料配信することをお知らせしている。

本事業は文化庁委託事業「文化芸術収益力強化事業」により制作された。

■動画の概要
備前おさふね刀剣の里の工房で作業公開を行っている刀鍛冶、砥師、金工師、鞘師、塗師の作業を疑似体験できる。
画面を360度回転させることができ、自分の見たい方向を見て、楽しめる。
日本語版と英語版の全編とそれを切り分けた短編の計6本(日本語版と英語版がそれぞれ全編1本+短編2本)になる。

■公開日
令和3年2月15日(月曜)午前0時から有料配信開始予定
※ 無料プロモーション動画を令和3年2月12日(金曜)午後3時公開。

■配信サイト
360Channel(サンロクマルチャンネル)
※ VRゴーグルやPC、スマートフォンで閲覧可能。

■料金
日本語版(3本セット)レンタル300円(2日間有効)、購入500円
英語版(3本セット)レンタル300円(2日間有効)、購入500円

■イベント
5G通信を利用した無料体験イベントを令和3年2月20日(土曜)・21日(日曜)の午前10時~午後3時に備前おさふね刀剣の里で開催予定
※ 入館料必要、アンケート記載必須。
※ 新型コロナウイルス感染症拡大の状況によっては体験者数の制限や中止の場合がある。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/chugoku/page/210215_00.html