本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、メルカリで売れた商品を出品者が自ら発送できる無人投函ボックス「メルカリポスト」の設置および、発送の際に商品を梱包するための公式資材の取り扱いを2021年2月5日(金曜)から順次、全国のドコモショップで開始することを発表している。

「メルカリポスト」は、メルカリで売れた商品を出品者が自分で発送できる無人投函ボックスになる。
郵便局やコンビニなどでの発送の手続きと異なり、非対面で発送手続きを完了することが可能。

メルカリの取引画面で「メルカリポスト」での発送を選択し、表示されるQRコードを「メルカリポスト」のリーダーに読ませるだけで発送伝票が発行される。
発行された発送伝票を商品に張り付け、「メルカリポスト」へ投函することで手続きが完了する。

発送の梱包用資材もドコモショップ店頭で購入が可能。
資材は「ネコポス」「クッション封筒」「宅急便コンパクト」「緩衝材」の4種類で、現金払いのほか、dポイント・d払いなどで支払いできる。

ドコモショップでは、2019年10月から「ドコモスマホ教室」のカリキュラムとして、「メルカリ教室」を実施している。
「メルカリポスト」設置と梱包用資材の取り扱い開始により、メルカリの使い方から発送手続きの完了までをワンストップでサポートすることが可能となった。

■「メルカリポストから発送」取引画面
「メルカリポストから発送」取引画面


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2021/02/04_00.html