スターバックス、交通系電子マネー導入

1月13日付けのスターバックスコーヒージャパン公式サイトのプレスリリースによると、スターバックスコーヒージャパンと北海道旅客鉄道(JR北海道)、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、九州旅客鉄道(JR九州)は、スターバックスがかねてより準備を進めていたキャッシュレス支払い手段の拡大の取組みの一環として、2021年1月6日(水曜)から全国1,600店以上のスターバックス店舗における決済に、交通系電子マネーを導入した。

これにより店舗での決済がさらに簡単で便利になり、また接触機会を低減したいニーズが高まる中、安心して支払いできる手段として選択肢が広がる。

さらに、2021年1月13日(水曜)から2021年6月30日(水曜)の期間、「あなたの一杯を、キャッシュレスで。スターバックス×交通系電子マネーキャンペーン」を実施している。
これは交通系電子マネーを利用し、「ドリップコーヒー」または「カフェミスト」の購入時に渡すレシートを同日の営業終了までに店舗に持参すると、2杯目の「ドリップコーヒー」を通常150円(税抜)のところ100円(税抜)で、または「カフェミスト」を通常200円(税抜)のところ150円(税抜)で購入できるというもの。

対象店舗:全国のスターバックス店舗(一部を除く約1,600店)
対象電子マネー:「Kitaca」、「Suica」、「PASMO」、「TOICA」、「manaca(マナカ)」、「ICOCA」、「SUGOCA」、「nimoca」、「はやかけん」の9種類(「PiTaPa」は除く)


参照URL https://www.starbucks.co.jp/press_release/pr2021-3814.php