この書は著者の堀江貴文氏が何よりも大切にしているもの「時間」だけをテーマにした書になる。

時間こそは、誰もが平等に手にできる、唯一の「資産」であり、「他人の時間」に振り回されている場合ではなく、すべては「自分の時間」を起点にするべきとはじめに述べている。

時間の質を上げる実際の「時間革命」については、次の6つのChapterで構成されている。

Chapter1 「他人の時間」を生きてはいけない
Chapter2 徹底的に「ムダ」な時間を殺せ
Chapter3 「常識や世間体」に時間を溶かすな
Chapter4 「夢中」が時間密度を濃くする
Chapter5 「健康」こそが最大の時間投資である
Chapter6 「将来を心配する」という究極のムダ

単に忙しさは充実感ではなく、余計なことを考える暇がないくらいに、自分の心が踊る予定だけで、時間をしっかりと埋め尽くし、無我夢中で動き回れたら確かに楽しい人生だろうなと思った。

スマホによって我々は時間を有効活用できるようになったからこそ、より「時間革命」を起こすチャンスだ。

時間を増やすうえでは、「シンプルに考える」ことが欠かせないというのはわかるし、スピード感を持てる。

すきま時間をうまく使うのも非常に大事だね。
あらかじめ「そこでやる作業」を明確に決めてしまうことだという。
5~10分の空いた時間をうまく活用していけば後で大きな違いとなって現れてくるだろう。

すぐ行動できる人とそうでない人の違いは「情報量」の差というのは思いつかなかった。
行動力などという得体の知れないものが、フットワークの良し悪しを決めているわけでなく、その人がどれだけの情報を持っているか、何をどれくらい知っているかによって、人間の行動量は規定されているのだそうだ。
「動き続けられる人」になりたければ、情報量を増やしさえすればいいというのは目から鱗だった。
また、単なるインプットで終わらせず、気になったニュースにひと事コメントを加えるなどのアウトプットもしていきたい。

「努力するな。ハマれ」という言葉は気がラクになったし、そのくらい何かに没頭したい。

「目に入った順に片づける」や「いま処理できることは、いま処理する」は、基本的なこととして心掛けたい。

睡眠時間はしっかり確保するのは健康や能率的にも同意である。

最後に、「現在」を生きることがやはり一番大事だと思った。

時間革命 1秒もムダに生きるな
堀江 貴文
朝日新聞出版
2019-09-20