平手友梨奈のファーストデジタルシングル「ダンスの理由」が12月25日に配信された。
その前の12月22日には、平手友梨奈YouTube公式チャンネルでMVが公開されている。

私がこの曲を知ったのは12月9日にフジテレビで放送された「2020 FNS歌謡祭 第2夜」で、あまりの激しさに圧倒されてしまった。

てち(平手友梨奈)がダンサーを引き連れての踊り続ける姿に、力強さをまず一番に感じ、そしてスピード、激しい曲調に負けない激しい躍りに凄さを見た。

MVでは民族衣装のような格好で、熱気が伝わってくる。
こちらもテンションが上がる。

「踊るしかなかったんだ」という歌詞が昔のてち自身の葛藤を思い起こさせるようである。
また、「誰かの悲しみを癒す」という歌詞がダンスで人を救おうとする勇ましさを感じて、カッコいい。

何度もリピートしてしまうのだが、魅了されるというよりは圧倒される曲に年末に出会えて良かった。


ダンスの理由
Sony Music Labels Inc.
2020-12-25