本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモから他事業者へ乗り換える際に設定している携帯電話番号ポータビリティ(MNP)手数料について、2021年4月1日(木曜)に廃止することを発表している。

現在、携帯電話番号ポータビリティ手数料は3,000円(税抜)で、2019年9月30日までに提供している料金プランを契約の場合、手数料は2,000円(税抜)。
2021年3月中に提供開始予定のドコモの新料金プラン「ahamo」契約のユーザーについては、今回の廃止前においても携帯電話番号ポータビリティ手数料はかからない。

携帯電話番号ポータビリティ手数料については、総務省の有識者会議において、ウェブ受付時無料化の方向性が示されていたが、今回ドコモはウェブ窓口(My docomo)に加え、店頭(ドコモショップ)やコールセンター(ドコモインフォメーションセンター)においても廃止することとなった。

2021年4月1日(木曜)以降にMNP予約番号を取得し、MNPを利用してドコモを解約した場合0円。
2021年3月31日(水曜)までにMNP予約番号を取得し、2021年4月1日(木曜)以降にMNPを利用してドコモを解約した場合は3,000円(税抜)の携帯電話番号ポータビリティ手数料がかかる。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/12/18_02.html