本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、「eスポーツ」事業へ参入し、2021年2月から新たにeスポーツリーグの運営を開始することを発表している。

ドコモは、世界的に人気のバトルロイヤルゲーム「PUBG MOBILE(ピーユービージーモバイル)」のeスポーツリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE SEASON 1」の運営を開始。
プロ契約を行った選手に参戦してもらい、年間を通じて試合を開催する。

また、2021年にはRiot Games(ライアットゲームズ)とのパートナーシップにより、「League of Legends:Wild Rift」の大会の開催も予定している。
世界的に人気のゲームはもちろん、5Gにより今後のモバイルゲームの市場拡大も視野にゲームタイトルを増やしていく。

5Gを活用した、より臨場感のあるVR・AR視聴体験や高速・大容量通信による快適なプレイ環境を提供し、人気ゲームタイトルを用いたeスポーツリーグを開催することで、eスポーツ産業を盛り上げていく。

なお、これらのeスポーツリーグおよび大会開催にあたり、チームオーナー、スポンサーを募集する。

ドコモは、日本におけるeスポーツ市場の拡大に貢献するため、プレイヤーや視聴者に対してよりリアルな感動や熱狂を提供し、世界レベルの選手を多数輩出できるeスポーツリーグの運営をめざす。

■eスポーツリーグ・大会の概要
eスポーツリーグ・大会の概要

※ 上記のリーグ・大会構成は、予定で、ゲームメーカーとの協議結果や新型コロナウィルス感染拡大の状況などにより、変更になる可能性がある。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/11/05_03.html