本日付けの総務省公式サイトの報道発表によると、総務省は、5Gの普及・展開に向けた取組の一環として、国内外の5G関連企業、推進団体、政府等の専門家により、5Gに関する最新の情報や意見の交換を行うことを目的として、CEATEC 2020 ONLINEコンファレンスにおいて、10月21日(水曜)に「5G国際ワークショップ」及び「INDICOワークショップ」を開催することをお知らせしている。

参加は、いずれもCEATEC公式サイトから登録により聴講可能。

5G国際ワークショップ
日時:令和2年(2020年)10月21日(水曜)13:00~15:15
主催:総務省
共催:第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)、電波産業会(ARIB)
概要:地域における課題解決や自営網として産業利用に期待されるローカル5Gについて、導入への取組や今後の展望についてパネルディスカッション等を行う。

INDICOワークショップ「5G/B5Gにおける日EU協力」
※ INDICO(International Digital Cooperation - ICT Standardization)プロジェクトは、欧州委員会の国際標準化に関する国際連携プロジェクト。
日時:令和2年(2020年)10月21日(水曜)16:00~19:00
共催:総務省、欧州通信規格協会(ETSI)
概要:本ワークショップは総務省と欧州委員会(通信ネットワーク・コンテンツ・技術総局)との間でICT政策全般について定期的に実施している「日EU・ICT政策対話」や、デジタル経済における重要課題について官民で自由な意見交換を行う「日EU・ICT戦略ワークショップ」の結果を踏まえて、INDICOプロジェクトと連携して、開催するもので、5GやBeyond 5G標準化の課題について我が国とEUが協力していく道筋を探る。


参照URL https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban14_02000471.html