10月14日付けのソニー公式サイトのニュースリリースによると、ソニーは、Jリーグ加盟のプロサッカークラブ「横浜F・マリノス」を運営する横浜マリノスと、テクノロジーとエンタテインメントの分野でパートナーシップに向けた意向確認書を締結した。

ソニー及びソニーグループ各社が有する映像やデータ分析等のテクノロジー及び多様なエンタテインメント事業で培ったノウハウで、横浜マリノスが構想する次世代型練習場(フットボールラボ)やスマートスタジアムの実現、そして更なるファンエンゲージメント向上を目指す。

なお、本取り組みについては10月20日(火曜)より開催されるCEATEC 2020にてビデオ展示を予定している。


参照URL https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/202010/20-088/