5月28日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、NTTドコモと鯖やグループ(鯖や、SABAR、フィッシュ・バイオテック)は、ICTを活用した新たなサバ養殖モデル確立を目的に、2020年5月28日(木曜)に業務提携契約を締結したことを発表している。

今回の提携を通じて、市場拡大が見込めるサバ養殖のICT化を推進し、勘や経験に頼らない新たなサバ養殖モデルの確立と、新たなサバ養殖モデルの全国展開による養殖業への新規事業者の参入促進をめざす。

なお、今回の提携に併せて、2020年5月28日(木曜)より、和歌山県串本の鯖やグループの養殖漁場にて、ドコモのICT技術を活用し、安心・安全で美味しい養殖サバの安定供給を目的とした実証実験を開始。

具体的には、サバ養殖の成長に影響する環境要因を分析するために、ICTを活用して水温や塩分濃度、溶存酸素量などを自動で収集し、作業日誌を付けるアプリなどを用いて給餌量とタイミングを、カメラなどを用いてサバの摂餌行動の観察や残餌を把握し、それらの情報を養殖管理クラウドで一元管理する。

■実証実験概要図
ICTを活用したサバ養殖の実証実験

■各社の役割
<鯖やグループ>
・サバ養殖漁場の提供
・給餌量最適化を目的とした学術機関との共同研究
・廃棄食品などを使用した魚の成長率を向上させる飼料開発

<ドコモ>
・サバ養殖を管理するクラウド環境(養殖管理クラウド)の提供
・モニタリング機器(水温、塩分濃度、溶存酸素量など)とカメラの提供
・これまで培ってきた海洋モニタリングに関するノウハウ提供
・ドコモの画像認識技術などのAI技術を活用した養殖に活用できる新技術の開発


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2020/05/28_00.html