本日付けのNTTドコモ公式サイトの報道発表資料によると、ドコモは、平成30年7月豪雨による災害にかかる災害救助法が適用された地域に「契約者住所」または「請求書送付先住所」のいずれかがあるユーザー(法人・個人)を対象に、データ量を気にせず各自治体の情報サイト、地震情報、天気予報、各種ニュースやSNS等による迅速な情報収集を可能とするため、契約プランのデータ量を超えた場合でも速度制限なくデータ通信が利用できるよう、速度制限解除を2018年7月13日(金曜)17時頃より2018年7月31日(火曜)まで実施することを発表している。

ユーザーからの申込は不要で、自動適用となる。

対象となるユーザーが「シェアパック」を契約の場合、代表回線・子回線に関わらず、加入している「シェアパック」が速度制限解除の対象となる。

なお、ドコモはすでに、2018年7月6日(金曜)から災害救助法適用地域のユーザーに対する主な支援措置として、下記の8つを実施している。
いずれも2018年8月31日(金曜)までの期間となる。

1. 付属品の無償提供
2. 携帯電話機購入時における特別割引の実施
3. 故障修理代金の一部減額等
4. ケータイデータ復旧サービスの無料化
5. 一部手数料の無料化
6. 受付手続きの緩和
7. 料金支払い期限の延長
8. 「ドコモ光」の基本料金等を無料化


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2018/07/13_00.html