7月4日付けのNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(関西)によると、生駒市、いこま市民パワー、NTTドコモ関西支社は、「環境モデル都市推進に関する連携協定」を、2018年7月4日(水曜)に締結した。

豊かな自然に恵まれ、かつ利便性も高い住宅都市で、奈良県北西部に位置する生駒市は、内閣府から、低炭素社会の実現に向けて温室効果ガスの大幅削減など高い目標を掲げ先駆的な取り組みにチャレンジする「環境モデル都市」として、2014年3月に選定されている。

これを受け、生駒市は「日本一環境に優しく住みやすいまち『いこま』~市民・事業者・行政の“協創”で築く低炭素“循環”型住宅都市~」をコンセプトに「環境モデル都市アクションプラン」を策定し、自然環境の負荷軽減と、住環境の改善に取り組んでいる。

本協定は、生駒市が「環境モデル都市アクションプラン」を実行するにあたって、生駒市、いこま市民パワー、ドコモの3者が連携し、「環境に優しいまち」「住みやすいまち」の実現をめざし、締結するものになる。

■環境モデル都市の推進に関すること
〈2018年度中に実現するもの〉
①ICTを活用したコミュニティサービスの推進
・市民向け情報発信基盤
・登下校見守りサービス
②資源循環・エネルギー自給に関する意識醸成
・電気料金等の見える化

〈実現時期を定めずに検討するもの〉
①ICTを活用したコミュニティサービスの推進
・高齢者見守りサービス
・市民の健康増進基盤
②資源循環・エネルギー自給に関する意識醸成
・HEMS(家庭用エネルギー管理システム)・BEMS(ビル用エネルギー管理システム)分野のエネルギー見える化
③防災・減災機能の向上

■各者の役割
生駒市
・「環境モデル都市アクションプラン」に係るICTを活用した先進的な取組みの実施

いこま市民パワー
・ICTを活用した市民生活の質的向上を実現するコミュニティサービスの提供

ドコモ
・自社が保有するビジネスアセットやノウハウを活用し、「環境モデル都市」生駒市を支えるICTの活用策等について提言


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kansai/page/180704_00.html