ドコモショップで「iPhone 7 32GB」のシルバーに機種変更してみた。
前に使っていた「iPhone 6」と比べて、デザインは背面の上下にあった横線の白いラインが最上部最下部の目立たないところに移っていて、すっきりと高級感が出た感じがしてこれはこれで良いと思った。
質量については138gなので、9gだが持ってみて若干増えたのがわかる。

大きな変更点としては、左下部にあったイヤホンジャックが廃止されてスピーカーとなり、音楽を聞いたり、ハンズフリーで通話する場合は、同梱されているLightning接続タイプの有線イヤホンEarPods、または3.5mmイヤホン端子アダプタを使ってLightning接続し、充電口に差し込む形となる。

それから一見同じように見えるホームボタンも、物理ボタンから感圧タッチ式のボタンに進化しており、タッチしてみるとその違いを感じることができる。
もっとも私の場合、これまでショップのデモ機で何度も操作していたのでそんなに違和感はなかった。

また、元々カメラの美しさには定評のあったiPhoneだが、「iPhone 7」のメインカメラは1200万画素で、撮影してみるとよりくっきりしてシャープな印象だった。

プロセッサにはアップルA10 Fusionチップを搭載していて、処理能力は確実に上がっているのがわかる。

バッテリー駆動時間も向上しており、これは使っていくごとにその恩恵を受けられそうだ。

そのほか、防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、アップルではiPhoneが濡れている場合は充電しないよう注意を呼び掛けている。

ちなみに「iPhone 6」から「iPhone 7」へのデータ移行は、ドコモショップに設置してあるDOCOPY(ドコピー)で行い、これが速くて一番ラクな方法だと思う。


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2016/09/09_00.html