本日付けNTTドコモ公式サイトの地域からのお知らせ(四国)によると、2015年度より徳島地方法務局とNTTドコモ四国支社とが合同で開催している「人権教室&スマホ・ケータイ安全教室」を、四国大学の協力により、全国で初めて大学生を対象に2017年1月18日(水曜)の午後2時40分~午後4時10分まで実施する。

「人権教室&スマホ・ケータイ安全教室」は、法務局が人権の大切さを理解してもらうため取り組んでいる「人権教室」と、ドコモがスマートフォンやケータイを正しく理解してもらうと同時に利用に際しての危険やトラブルを未然に防ぐ方法を啓発するため、主に小・中・高校生とその保護者を対象として取り組んでいる「スマホ・ケータイ安全教室」を合同で実施するもの。

今般、四国大学からの申し出により、情報リテラシーの向上を図ることで、教育現場でスマホ・ケータイやインターネットにまつわる事象から子どもたちを守ることのできる人材育成の一環として実施することとなった。
なお、「スマホ・ケータイ安全教室」の教材としては、「保護者・教員編」をベースに実施する。

将来教育を目指す学生を対象に法務局・ドコモの専門家から子どもたちのネットに関する状況やトラブルなど必要な基礎知識を学ぶ機会として本教室を開催する。

■実施場所
四国大学児童教育館253教室
徳島県徳島市応神町古川字戎子野123-1

■参加予定数
学生 4年生18名、3年生48名
教員 5名

■テーマ
1. スマホ・ケータイ、インターネットの利用に際して気を付けること
2. 今、子どもたちにどんなトラブルが起きているのか
3. 子どもたちを守るために知っておくべきこと


参照URL https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/shikoku/page/170110_00.html